Audio Converter
操作ガイド

TuneKeep Audio Converterの操作ガイドを確認して、Apple Music音楽またはオーディオブックをたった幾つかのクリックで、ID3タグを保持したまま最大16倍速でMP3・M4Aに変換する手順を了解しましょう。

Audio Converter:機能一覧 丨 操作ガイド 丨 動作環境レビュー購入するMac版へ

体験版のTuneKeep Audio Converterは30日間利用でき、iTunesライブライブにある音声ファイルを、曲ごとに三分まで変換できます。永久ライセンスを購入すれば、全機能を利用でき、生涯無料で最新バージョンにアップデートできます。このページでは、製品の完全版に登録する手順と、WindowsでAudio Converterを利用する手順を紹介します。

目次
1. TuneKeep Audio Converterの完全版に登録する手順
2. TuneKeep Audio Converterの操作ガイド

TuneKeep Audio Converterの完全版に登録する手順

TuneKeep Audio Converterを起動したら、無料体験版というダイアログが表示されます。「続く」をクリックして無料体験版を続けて利用して、または「登録する」をクリックしてライセンス認証します。

TuneKeep Audio Converter試用版警告ダイアログ

「登録する」をクリックしたら、「TuneKeep Audio Converterを登録」というダイアログが表示されます。メールから取得したライセンスキーをコピペして、「登録」をクリックします。認証した後、登録が成功しました。

TuneKeep Audio Converterを登録

ヒント:TuneKeep Audio Converterをオンラインで登録失敗した場合は、サポートチームsupport@tunekeep.jpにご相談ください。オフライン登録の方法を取得できます。

TuneKeep Audio Converter操作ガイド

TuneKeep Audio Converterは使いやすいです。以下のステップを従ったら、お気に入りのApple Music音楽とオーディオブックをMP3、M4Aなどのフォーマットに変換して、殆ど全てのデバイスで聴けます。また、音楽編集ソフトやビデオ編集ソフトで利用でき、ディスク作成ソフトに入れてCD・DVD・BDに書き込めます。変換した後、SDカードやUSBフラッシュドライブ、ポータブルHDDなどのポータブル記憶デバイスでバックアップできます。

ステップ1: TuneKeep Audio Converterを起動

デスクトップにあるショートカット、タスクバーのアイコン、またはスタートメニューなどでTuneKeep Audio Converterを起動します。起動した後、iTunesも自動的に連動して起動されます。iTunesライブラリに大量の音楽トラックが存在する場合、最初の実行では数分かかることもあります。

音楽やオーディオブック、ポッドキャスト、ムービー、テレビ番組、ホームビデオ、ミュージックビデオなどのiTunesライブラリプレイリストは、左パネルで表示されます。異なるApple Musicプレイリストまたは自分のプレイリストは別々に表示されます。

Audio Converterのインターフェース

ヒント:TuneKeep Audio ConverterはiTunesライブラリにあるApple Music音楽を、ダウンロードせずに変換できます。しかし、ストリーミングする時に再生エラーなどの問題もあるため、先に音楽をiTunesライブラリにダウンロードするのはオススメです。

ステップ2: Apple Music音楽や他のメディアファイルを選択

左パネルでプレイリストを選択して、変換したい音楽のチェックボックスにチェックを入れます。情報バーのチェックボックスにチェックを入れれば、プレイリストにある全ての音楽を選択します。また、内蔵している検索ボックスに音楽のタイトル、アーティスト、アルバムなどを入力すれば、簡単に音楽を探し出します。

曲を選択

ポッドキャスト、ミュージックビデオ、ムービー、テレビ番組、ホームビデオなどから抽出した音声ファイル、またはM4B/AA/AAXオーディオブックを変換したいなら、それぞれのプレイリストを選択します。また、それらをiTunesライブラリにダウンロードする必要があります。

ステップ3: 出力形式と出力フォルダを選択

「出力形式」リストでTuneKeep Audio Converter(Windows版)が対応するMP3、M4A、AIFF、AC3、AU、AAC、FLACとWAVから出力フォーマットを選択でき、「プロフィール」リストで出力音声品質を選択できます。必要なら、コーデック、ビットレート、サンプルレート、チャンネル数も設定できます。

曲の出力形式をMP3に選択

デフォルトには、C:\Users\(ユーザー名)\TuneKeep Audio Converter\というフォルダに出力します。「出力フォルダ」の右にある「・・・」ボタンをクリックして他のフォルダに変更できます。

TuneKeep Audio ConverterはID3タグを保持するが、必要ならそれらも変更できます。「メタ情報」タブに移動して、タイトル、アーティスト、アルバムアーティスト、アルバム、ジャンルを変更でき、気に入りのピクチャもジャケットとして入れます。

曲の出力形式をMP3に選択

一般的に、Apple MusicまたはiTunesの音楽はID3タグを全て正確的に持っているので、ID3タグを変更する必要がありません。他の音楽のID3タグが欠けた場合、または間違った場合にこの機能を使いましょう。

ステップ4:需要なら、変換する前に変換のスピードと出力ファイル名を設定

設定に満足したら、直接に「変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。しかし、需要なら、「オプション」ボタンをクリックして、役に立つ幾つかのオプションがあります。

オプションダイアログでボリュームを50%から最大200%まで調節できます。変換のスピードを1倍速から最大16倍速まで調節できます。一般的に、ダウンロードしたApple Music音楽や他の音楽ファイルを変換する時に、16倍速を利用すれば高速で変換します。だが、ハードウェアなどの動作環境が対応していない場合、または変換した音声ファイルになにかエラーが発生する場合は、変換のスピードを下げた方がいいです。

Audio Converterのオプション

TuneKeep Audio Converterは、アルバムやアーティスト、タイトル、トラック番号、ディスク番号など曲の情報をスラッシュ、バックスラッシュ、下線、ハイフンなどの特殊文字で繋がって、曲名またはフォルダ名として出力して、曲をフォルダにまとめて分類・改名できます。

例えば、「Laundry Service」というアルバムの第三曲であるShakiraが歌った曲「Whenever, Wherever」がいて、{Album}\{Artist} - {TrackID}{Title}を出力ファイル名のルールとして設定して、曲をMP3ファイルに変換すれば、ダウンロードしたApple Musicの曲の保存パスと変換したMP3ファイルのパスが以下のようになります。

Apple Music:C:\Users\(ユーザー名)\Music\iTunes\iTunes Media\Apple Music\Shakira\Laundry Service\03 Whenever, Wherever.m4p
出力MP3:C:\Users\(ユーザー名)\TuneKeep Audio Converter\Laundry Service\Shakira - 03Whenever, Wherever.mp3

音楽をMP3またはM4Aに変換する場合は「メタ情報タグ」のチェックボックスにチェックを入れます。オーディオブックをM4Aに変換する場合は「チャプターの情報を保存する」のチェックボックスにチェックを入れます。

また、言語を英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語(簡体字/繁体字)から選べます。

オプションダイアログを閉じれば、変更したオプションが適用されます。

ヒント:iTune Store、Audibleまたは他のソースのオーディオブックは、10時間以上のもあります。変換中にエラーを発生する可能性を下げるために、オーディオブックを変換する時、変換スピードを1倍のままでオススメです。

ステップ5: 変換を開始

気軽に「変換」ボタンをクリックしたら、項目が一つずつ変換されます。変換が完了した後、「出力ファイルを開く」をクリックして、変換したファイルを見つけます。

曲を変換中

警告:変換する期間、iTunesを閉じないで、iTunesで音楽を再生やダウンロードなど一切の操作もしないでください。そうでなければ、ソフトがクラッシュして、変換が失敗になります。

SSLで保護された取引

生涯無料アップデート

24*7時間メール返信

30日間返金保証