TuneKeep Apple Music変換ソフトの使い方

TuneKeep Apple Music変換ソフトのステップバイステップの操作ガイドをご覧ください。Apple Musicの曲またはオーディオブックを汎用のMP3、M4Aに変換する手順、またはApple Music変換ソフトの設定項目などを確認できます。

Apple Music変換ソフト:機能一覧 丨 操作ガイド 丨 動作環境レビュー1580円から購入するMac版へ

TuneKeep Apple Music変換ソフト(TuneKeep Audio Converter)の無料体験版は30日間利用できます。無料体験版はiTunesライブライブにあるApple Musicの曲または他の対応可能の入力ファイルを全部三分しか変換できません。永久ライセンスを購入すれば、全機能が利用可能で、生涯無料で最新バージョンにアップデートできます。このページでは、TuneKeep Apple Music変換ソフトの完全版に登録する手順とステップバイステップでの操作手順を詳しく紹介します。

目次
1. TuneKeep Apple Music変換ソフトの完全版に登録する手順
2. TuneKeep Apple Music変換ソフトを無料で最新版にアップグレードする方法
3. TuneKeep Apple Music変換ソフトの操作ガイド

TuneKeep Apple Music変換ソフトの完全版に登録する手順

TuneKeep Apple Music変換ソフト(TuneKeep Audio Converter)を起動すると、無料体験版のダイアログと残りの利用可能の日数が表示されます。「続く」をクリックして無料体験版として利用できます。「購入する」ボタンをクリックすると、購入するページに飛びます。ライセンスキーを持っている場合、「登録する」ボタンをクリックして、ライセンスの認証画面が表示されます。

TuneKeep Apple Music変換ソフト試用版警告ダイアログ

「登録する」ボタンをクリックしたら、「TuneKeep Audio Converterを登録」ダイアログが表示されます。メールから取得したライセンスキーをコピペーして、「登録」ボタンをクリックして、ライセンスキーはオンラインで認証されて、製品版に登録できます。

TuneKeep Apple Music変換ソフトを登録

ヒント:オンラインでTuneKeep Apple Music変換ソフトへの登録や認証が失敗した場合、support@tunekeep.jp にお問い合わせください。インターネットに接続できない場合、オフライン登録の方法もあります。

TuneKeep Apple Music変換ソフトを無料で最新版にアップグレードする方法

TuneKeep Apple Music変換ソフトのアップグレードは無料です。ライセンスキーを購入した方は、二つの方法で最新版にアップグレードできます。どの方法でアップグレードしても、ライセンスキーの再登録は不要です。

1. ソフトを起動して、メニューの「ヘルプ」>「アップデートをチェック」をクリックして、表示されたダイアログから最新版をダウンロードしてインストールすればいいです。

2. 当サイトの製品ページでの無料体験ボタンは常に最新版にリンクしています。無料体験ボタンをクリックして、ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして、インストールして古いバージョンを上書きすれば、最新版にアップグレードできます。

インターネットの利用場所によって、時に方法1はエラーが出る可能性もあります。その時、方法2で実行してください。

ご注意:一般に、下記の操作ガイドは最新版向けです。古いバージョンを利用している場合、ソフトのインターフェースまたは機能に違いがあるかもしれません。違いがある場合、最新版にアップグレードしてください。

TuneKeep Apple Music変換ソフトの操作ガイド

TuneKeep Apple Music変換ソフトは使いやすいです。以下のステップを従えば、お気に入りのApple Musicの曲とオーディオブックをMP3、M4Aなど汎用の音楽形式に変換できます。後、iPod Nano、iPod Shuffle、ウォークマン、MP3プレーヤー、携帯電話とタブレット、PSPなどのデバイスに入れて、デバイスを持ち歩いて楽しめます。また、出力ファイルはBGMとして音楽編集ソフトとビデオ編集ソフトに追加したり、オーディオCD、MP3 CD、データCDなどに書き込んだり、SDカードやUSBフラッシュドライブ、ポータブルHDDなどのポータブル記憶デバイスにコピーして保存したりすることができます。

ステップ1:TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動

デスクトップにあるショートカット、タスクバーのアイコン、またはスタートメニューなどからTuneKeep Apple Music変換ソフト(TuneKeep Audio Converter)を起動できます。起動すると、iTunesも自動的に起動されます。iTunesライブラリに大量の音楽トラックが存在する場合、最初の実行では数分かかることもあります。

Apple Musicの曲、iTunes音楽、オーディオブック、ポッドキャスト、ムービー、テレビ番組、ホームビデオ、ミュージックビデオなどのiTunesライブラリにあるマルチメディアファイルは、プレイリストとして左パネルで表示されます。iTunesライブラリに追加したApple Musicプレイリストまたは自分が作ったプレイリストも表示されます。

Apple Music変換ソフトのインターフェース

ヒント:TuneKeep Apple Music変換ソフトはiTunesライブラリに追加してダウンロードしていないApple Music音楽も変換できます。しかし、ストリーミングする時に再生エラーなどの問題もあるため、先に音楽をiTunesライブラリにダウンロードするのはオススメです。Apple Musicの曲以外のファイルは、iTunesライブラリにダウンロードしないと変換できません。

ステップ2:Apple Musicの曲或いは他のファイルを選択

左パネルでプレイリストを選択して、変換したい音楽のチェックボックスにチェックを入れます。情報バーのチェックボックスにチェックを入れると、プレイリストにある全ての音楽を選択します。また、内蔵された検索ボックスに音楽のタイトル、アーティスト、アルバムなどを入力すれば、簡単に音楽を探し出せます。

また、選択された曲の開始時間と停止時間を指定して、曲をトリムして変換することができます。ただし、この機能は曲ごとに設定する必要があります。

曲を選択

ポッドキャスト、ミュージックビデオ、ムービー、テレビ番組、ホームビデオなどから音声を抽出したい場合、またはM4B/AA/AAXオーディオブックを変換したい場合、それぞれのプレイリストを選択してください。

ステップ3:出力形式と音質を選択

TuneKeep Apple Music変換ソフトが用意した出力形式はMP3、M4A、AIFF、AC3、AU、AAC、FLACとWAVなどです。ソフトの下部で、「出力形式」リストから出力形式を選択できます。「プロフィール」リストで出力ファイルの音質を選択できます。必要なら、コーデック、ビットレート、サンプルレート、チャンネル数も設定できます。Apple Musicの曲は256kbps M4P(保護されたAAC)ファイルですから、ロスレスで変換するに、320kbps MP3或いは256kbps M4Aをおすすめします。

曲の出力形式をMP3に選択

デフォルトの出力先は C:\Users\(ユーザー名)\TuneKeep Audio Converter\ というフォルダです。「出力フォルダ」の右にある「...」ボタンをクリックして他のフォルダに変更できます。

TuneKeep Apple Music変換ソフトはID3タグを保持できますが、必要の場合それらも変更できます。「メタ情報」タブに移動して、曲名、アーティスト、アルバムアーティスト、アルバム、ジャンルを変更できます。また、お気に入りの画像を曲のアートワークとして追加できます。

曲の出力形式をMP3に選択

一般的に、Apple Musicの曲またはiTunesの音楽のID3タグ(曲の情報)が完全ですから、変更する必要がありません。他のソースからiTunesライブラリに追加した音楽のID3タグが欠けた場合、または間違った場合にこの機能を使いましょう。

ステップ4:オプションの設定項目(スキップ可)

設定に満足したら、直接に「変換」ボタンをクリックして、変換を開始します。ただし、必要の場合、「オプション」ボタンをクリックして、幾つかの設定項目を変更できます。必要に応じて、オプションでの設定項目は便利で実用的です。

出力ファイルのボリューム(音量)を50%から最大200%まで調節できます。変換のスピードを1倍速から最大16倍速まで調節できます。一般的に、ダウンロードしたApple Music音楽や他の音楽ファイルを変換する時に、16倍速を利用すれば高速で変換できます。ただし、ライブラリにダウンロードしていない曲を変換する場合、または変換した音声ファイルになにかエラーが発生する場合は、変換のスピードを下げた方がいいです。

TuneKeep Apple Music変換ソフトは出力ファイルをアーティスト、アルバムまたはアーティスト/アルバムのフォルダに整理することができます。整理方法をなしにしたら、整理しないこととなります。また、出力ファイルを一括で改名することができます。曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号、ハイフン(-)或いはスペース-スペース( - )を組み合わせて、ルールを設定すれば、改名できます。ただし、ルールには曲名或いはトラック番号が必要です。さもないと、ルールが適用できません。

Apple Music変換ソフトのオプション

出力ファイルの整理と改名の例を挙げます。例えば、「Laundry Service」というアルバムの第三曲はShakiraが歌った曲「Whenever, Wherever」です。アルバムに整理して、改名方法はアーティスト、スペース-スペースと曲名に設定して、デフォルトのiTunesメディアフォルダとTuneKeep Apple Music変換ソフトのデフォルトの保存先を利用している場合、Apple Musicの曲のパスと出力のMP3のパスは以下のようになります。

Apple Music:C:\Users\(ユーザー名)\Music\iTunes\iTunes Media\Apple Music\Shakira\Laundry Service\03 Whenever, Wherever.m4p
出力MP3:C:\Users\(ユーザー名)\TuneKeep Audio Converter\Laundry Service\Shakira - Whenever, Wherever.mp3

また、インターフェース言語は英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語(簡体字/繁体字)から選べます。

オプションダイアログを閉じれば、変更したオプションが適用されます。

ヒント:iTune Store、Audibleまたは他のソースのオーディオブックは、10時間以上のもあります。変換中にエラーを発生する可能性を下げるに、オーディオブックを変換する前に、変換スピードを1倍に下げたほうがいいです。

ステップ5:Apple Musicの曲の変換を開始

気軽に「変換」ボタンをクリックしたら、項目が一つずつ変換されます。変換完了の曲に「出力ファイルを開く」ボタンが表示されます。これをクリックして、出力先が表示されて、出力ファイルは選択した状態で表示されます。

曲を変換中

警告:変換中、iTunesを閉じないで、iTunesで音楽の再生やダウンロードなど一切の操作もしないでください。さもなければ、ソフトがクラッシュして、変換が失敗になります。


SSLで保護された取引

生涯無料アップデート

24*7時間メール返信

30日間返金保証