Apple Musicの曲をウォークマンに入れる方法

本文は、ウォークマンのメリットとApple Music変換ソフトというApple Music変換ソフトを利用して、ウォークマンでAppleの曲を再生させる方法を紹介いたします。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年8月20日 丨 購入する

今の時代でも、ウォークマンは「ハイレゾ音源」の代名詞と言います。ウォークマンの音質は、iPod Nano、iPod Shuffleなどと違い、音楽マニアにはすごく人気があります。昔はCD、磁気テープ、ダウンロードの時代ですが、最近Apple Musicのようなストリーミング音楽が大ヒントになって、Apple Musicの曲をウォークマンに入れて聴くのに様々な工夫しなければなりません。本文は、TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲を汎用性あるMP3/M4Aに変換して、ウォークマンに入れる方法を紹介いたします。

目次
1. ウォークマンのメリット
2. Apple Musicの曲は直接にウォークマンに再生できない
3. Apple Music変換ソフトを利用して、曲をウォークマンが対応できる形式に変換
4. Apple Musicの曲をウォークマンで再生する方法

ウォークマンのメリット

ウォークマン

ウォークマンは、一見からみればずいぶん古いミュージックプレイデバイスですが、実は本物の音楽マニアには今でも大人気です。こだわりの高音質化、様々な音源を表現力豊かで再生するのがウォークマンのメリットです。ほかの携帯デバイスまたは音楽再生デバイスと違い、ウォークマンは音楽そのまま完璧に再現することと無劣化再生することが重んじています。普通の3.5mm端子だけではなく、より迫力があるヘッドホンー4.4mmタイプの端子もサポートしています。そして、スピーカーより軽くて、いつでもどこでも音楽の世界に浸かることもそのメリットの一つです。

Apple Musicの曲は直接にウォークマンに再生できない

定額制ストリーミング音楽として、Apple Musicは980円の月額で何千万の曲が聞けます。Apple社自社の製品iPhone、iPadはともかく、WindowsとMacも、iTunesをインストールして(AndroidならApple Music というアプリ)、曲は自由に楽しみます。しかし、ウォークマン自体はアプリケーションをインストールすることができなくて、ウォークマンで聞くことができません。

そうでしたら、曲をダウンロードして、ウォークマンに入れれば聞けると思う方もいますが、残念ながらそれもできません。ダウンロードしたApple Musicの曲はDRMというデジタル保護技術で保護されています。普段パソコン、スマホでダウンロードした曲はオフライン状態でも再生できるのが、曲とApple IDと繋がっているわけです。ただし、ウォークマンにはApple IDをサインインしようにも術がなくて、道理で再生できません。

Apple Musicの曲をウォークマンに

音楽マニアの皆さんにとって、ウォークマンを放棄することが残酷でつらいことでしょう。幸い、Apple Music変換ソフトというApple Music変換ソフトがあります。Apple Musicの曲をウォークマンで再生可能の音楽形式に変換することができます。これで、ウォークマンにもApple Musicの曲が楽しめるようになります。

Apple Music変換ソフトを利用して、曲をウォークマンが対応できる形式に変換

Apple Music変換ソフトは曲の情報を保持したまま、Apple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブック、M4A、M4P、AIFFなどiTunesで再生可能の音声形式をロスレスでMP3、M4A、FLACなどに変換できるiTunes音声変換ソフトです。Apple Musicを購読している方は絶対見逃してはいけないソフトウェアです。

Apple Musicの曲をウォークマンに入れる - Apple Music変換ソフト

  • Apple Musicの曲をウォークマンで再生可能のMP3、M4A、FLACに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • WindowsとMacでも曲をダウンロードしなくても変換可能
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をウォークマンで再生する方法

TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲は簡単にウォークマンに入れることができます。ここでは、Apple Musicの曲をMP3、M4A、FLACに変換してウォークマンで再生する方法を説明させていただきます。

ステップ 1:TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動

Apple Music変換ソフトを起動

TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Apple Music変換ソフトとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2:トラックを選択

プレイリストから、ウォークマンに入れたい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Apple Music変換ソフトインタフェース

変換したいApple Musicの曲をパソコンにダウンロードしなくてもいいです。iTunesライブラリに追加されたら変換可能です。とても便利です。

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3:音楽形式を選択/オプションをチェック

ウォークマンで再生可能の形式はMP3、M4AとFLACです。いずれかを選択しても再生できます。曲の音質は256kbpsから、320kbps MP3或は256kbps M4Aの出力形式が用意されましたので、音質損はなくて、ロスレスで変換が行えます。

さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

MP3、M4A、FLAC変換

注意:一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを上げないのをお勧めします。

ステップ 4:変換開始

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

ステップ 5:音楽をウォークマンへ転送

音楽をウォークマンに転送するには、いくつかの方法があります。その中にもっとも簡単な方法はドラッグ&ドロップで直接ウォークマンにコピーすることです。

USBケーブルを使って、ウォークマンをPC或はMacに接続して、ウォークマンは取り外し可能のデバイスとして表示されます。Apple Music変換の出力フォルダをドラッグして、ウォークマンにあるMUSICフォルダにドラッグすれば転送完了となります。

また、Music Center for PC、Content Transfer、x-アプリ、Media Goなどウォークマンの公式サイトに紹介された専用ソフトを使用して、曲をウォークマンに入れることができますが、一番シンプルな方法は上記通りです。

変換した曲はウォークマンに入れて、いつでもどこでも最高の体験を送ります。まだApple Musicとウォークマンに二者択一に迫られている方はぜひダウンロードして試してみてください。