Apple Musicサービスと
iTunesから購入した曲の違い

Apple Musicストリーミング音楽サービスを利用している方が多くいます。実は、同じApple社が提供されたサービスとして、iTunesも同じく曲が聞けます。本文は、Apple Musicストリーミング音楽サービスとiTunesストアで音楽を聞くのに相違点と共通点を説明します。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年11月11日 丨 購入する

Apple Musicは、ストリーミング音楽サービスです。毎月金を払って、購読した後、Apple Musicが提供された曲が全部(国・地域によって違い)聞き放題ということになります。iTunesなら、曲あるいはアルバム別々に購入して聞きます。ところで、この二つの方式も同じく音楽を聞けるのにどんな違いがありますか。本文は、Apple Musicストリーミング音楽サービスとiTunesストアから曲の購入の違いについて説明します。また、Audio Converterというソフトを利用して、Apple Musicの曲を無制限に楽しむ方法も紹介します。

目次
1. Apple MusicとiTunes Musicの紹介
2. Apple MusicとiTunes Musicの共通点
3. Apple MusicとiTunes Musicの相違点
4. 強力なApple Music変換ソフト:TuneKeep Audio Converter
5. Apple Musicの曲をiTunesミュージックのM4A形式に変換

Apple MusicとiTunes Musicの紹介

Apple Musicとは、Apple社が提供されたストリーミング音楽サービスです。毎月980円で購読すれば、広告なしで、Apple Musicにある5000万越え(国・地域によって配信曲が違い)の曲が聞けます。日本に上陸して以来、凄まじいほどの人気をおさめ、購読ユーザー数もロケットに乗せたかのように増えていきます。Apple Musicがリリースされた時間は2015年6月8日ですが、実はApple社はこの前からもう音楽配信が始まりました。Apple Musicというサービスがなかった時代に、iTunesが音楽を聞くという責任を担っていました。

iTunesストア

Apple Musicがなかった時、Apple社のサービスで音楽を聞くのに、iTunesから曲・アルバムを購入しないと聞けません。曲・アルバムの価格は、曲・アルバムによって違います。今、Apple MusicとiTunesミュージックどちら音楽の楽しみが可能です。次は、この二つの音楽サービスの共通点・相違点について説明します。

Apple MusicとiTunes Musicの共通点

Apple MusicとiTunesいずれも音楽が聞けますので、共通点も多いです。まとめてみれば、主な共通点は:

  1. 1. iTunesというアプリケーションのインストールが必要
  2. 2. Apple IDの作成、サインイン、パソコン認証が必要
  3. 3. 購入した音声ファイルもAACという音声コーデックを利用して、AACファイルと呼ばれる
  4. 4. 音質、両方も256kbps
  5. 5. 多くの曲はApple MusicとiTunesミュージック同時に提供
  6. 6. 他のiOSデバイスに曲を転送するに、iTunesを通じて同期化が必要

単なる音楽を楽しみたい方なら、好きな方を選んで利用すればいいです。もっとこだわりがある方なら、次の相違点に進みます。

Apple MusicとiTunes Musicの相違点

同じ音楽を提供するサービスで、実はその相違点も多くあります。

ダウンロード

Apple MusicとiTunesから購入した曲、どちらもダウンロードできます。しかし、Apple Musicからダウンロードした曲は、全部DRM保護付きのM4Pファイルなので、他のアプリまたはApple IDが認証できないデバイスで再生できません。一方、iTunesストアに購入してダウンロードした曲は、なんの保護もないM4Aファイルなので、ほかのアプリで素材として追加、またはUSBメモリ、SDカードでほかのデバイスに転送して再生できます。

料金・価格

Apple Musicは定額制のストリーミング音楽サービスです。月額或は年額を支払って、5000万以上の曲が全部聞き放題です。個人向けプランは月額980円で、最大6人で家族が利用できるファミリープランは月額1480円で、学生向けプランは月額480円です。なお、個人向けの年額プランは9800円で利用可能です。年額プランなら、二か月分の料金が節約できます。

iTunesストアの場合、曲或はアルバムを別々に購入する必要があります。一部の曲は曲だけを購入することが不可能で、アルバムを購入する必要があります。iTunesミュージックは、一曲はおよそ150円 ~ 250円です。アルバムなら、収録された曲またはその数によって、様々な価格があるようです。

こうから見れば、音楽を聞くだけに、Apple Musicの方がお得です。

所有権

前文通りに、Apple Musicの曲は全部保護付きです。Apple Musicストリーミング音楽サービスは「購読」ですが、「購入」ではありません。曲をダウンロードしても、Apple IDを認証できないと再生できません。また、購読しないことにした日から、全てのApple Musicの曲はiTunesライブラリから消えます。

iTunesストアから購入した曲・アルバムは、本意味の「購入」です。たとえ何年後経つのも、再びiTunesストアから曲をダウンロードすることが可能です。

ライブラリ

簡単に言えば、Apple Musicを利用して曲を聞くという行為は、図書館から本を借りるとほぼ同じです。時間切れ(購読しないことにした)なら、この本(曲)が回収されます。ですから、他の人に貸す(ほかのApple IDが認証できないデバイスで再生)こともできません。iTunesストアから購入した曲は、本屋から本を買ったように、勝手に落書き、友達に貸し...全部できます。

もう一つ重要なポイントは、ストリーミング音楽サービスの性質です。すごく気に入った曲がある日に突然聞けなくなるのもおかしくありません。時に、配信された曲はある日配信されないことになったら、聞けなくなります。本屋から買ったブック(iTunesから購入した曲)は、例えこの本屋があるゆえに倒産されたとしても、この本も消えることはありません。

iTunesストアで購入した音楽は汎用のM4A形式で、殆どのデバイスで無制限で楽しめます。様々なソフトとアプリにも直接に取り込んで利用することが可能です。もしApple Musicの曲も同じく自由に利用したいなら、ここではいい解決策を紹介します。

強力なApple Music変換ソフト:TuneKeep Audio Converter

Apple Musicの曲の保護を解除して、汎用のMP3、M4Aなどの音声形式に変換すれば、様々な不便さを回避できます。TuneKeep Audio Converterは、専門的なApple Music DRM解除ソフトです。Audio Converterは曲の情報を保持したまま、Apple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブック、M4A、M4P、AIFFなどiTunesで再生可能の音声形式をロスレスでMP3、M4A、FLACなどに変換できるiTunes音声を変換します。

Apple Music M4PをM4Aに変換 - Audio Converter

  • Apple Musicの曲を汎用的なMP3、M4A、FLACに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • WindowsとMacでも曲をダウンロードしなくても変換可能
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をiTunesミュージックのM4A形式に変換

TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple MusicのDRM保護を簡単に解除できます。ここでは、Apple Musicの曲をMP3、M4A、FLACに変換してDRMを解除する方法を説明させていただきます。

ステップ 1: TuneKeep Audio Converterを起動

Audio Converterを起動

TuneKeep Audio Converterを起動すると、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Audio ConverterとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2: トラックを選択

プレイリストから、自由に利用したい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Audio Converterインタフェース

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3: 音楽形式を選択/オプションをチェック

出力形式のリストで八つの形式を用意しました。汎用性の高いMP3、M4Aをお勧めします。M4Aとして変換したら、音声ファイルはiTunesから購入した曲と同じ形式です。いずれも音質損はなくて、ロスレスで変換が行えます。

さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

MP3、M4A、FLAC変換

注意:一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを上げないのをお勧めします。

ステップ 4: Apple Music変換開始

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

変換した音声ファイルは、ほかのデバイスまたはほかのアプリに活用できるようになりました。これで、Apple Musicの曲も、iTunesから購入した曲と同じようにしました。Audio Converterは強力的なApple Music変換ソフトとして、あらゆる場面で対応できます。さっそく無料体験をダウンロードして試してみましょう。