Apple Musicの曲をM4Aに変換する方法

Apple Musicの曲は保護されたAACファイル(M4P拡張子)です。平日広く使われているM4Aファイルは保護されていないAAC形式形式です。Apple Music変換ソフトを利用すれば、Apple Musicの曲をロスレスで汎用性の高いM4Aファイルに変換できます。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2020年6月29日 丨 購入する

M4A

今一番広く使われている音楽形式は何ですか。MP3だと答えるユーザーは多いかもしれませんが、実はM4A形式が既にMP3形式に取って代わりました。平日の使用中、M4Aファイル(*.m4a)もAACファイルと呼ばれています。AACファイルと呼ばれているのは、AAC(Advanced Audio Coding)コーデックを利用しているためです。実はApple MusicもAACコーデックを利用しています。ただし、ダウンロードしたApple Musicの曲はM4P(*.m4p)形式であり、保護されたAACファイルとして、便利性の上には保護されていないAACファイルであるM4Aに及びません。

この記事ではApple Musicの曲(保護されたAACファイル)を汎用のM4Aファイル(保護されていないAACファイル)に変換できるApple Music変換ソフトとその使い方を紹介します。

目次
1. M4Aファイル(保護されていないAAC)の汎用性と便利さ
2. TuneKeep Apple Music変換ソフト:最強のApple Music M4A変換ソフト
3. Apple Musicの曲をM4Aに変換する手順

M4Aファイル(保護されていないAAC)の汎用性と便利さ

AACはAdvanced Audio Coding(先進的音響符号化)の略称です。MP3の後継フォーマットとして策定されたAACは、MP3と同じく不可逆で、より高い音声品質を実現して、古いMP3に取って代わりました。一般に、平日言われたAACファイルは保護されていないM4Aを指しています。スティーブ・ジョブズのおかげで、iPod Nano/ShuffleなどのポータブルオーディオプレーヤーまたはiTunes Storeのようなオンライン音楽購入サービスは流行になりました。2009年から今まで、iTunes StoreはずっとM4A形式の音楽を販売してきました。これで、保護されていないAACファイルであるM4Aは最も広く使われている音楽形式になってもおかしくないです。

スティーブ・ジョブズとiPod

M4AファイルはiPod Nano、iPod Shuffle、ソニーウォークマン、PSP、PS3、PS4、Xbox、様々なMP3プレーヤー、Kindle Fireタブレット、iPhone、iPad、Androidスマホとタブレットで再生できますし、iMovie、Final Cut Pro Xなどの動画編集ソフト・アプリでBGMとして追加できます。音質もMP3よりいいです。

AACは音声圧縮方式の一つで、用途によって、異なる拡張子があります。その中、MP4コンテナで格納されたM4A、M4Pファイルがあります。Apple Musicからダウンロードした音楽は保護されたM4Pファイルであり、様々な制限があります。例えば、iPod Nano/Shuffle、多くのウォークマンとMP3プレーヤーなどで再生できないこと、BGMとして使えないこと、USBメモリやSDカードにコピーできないことなどです。それだけではなく、もしApple Musicのサブスクリプションを解約して、請求締め日になると、iTunes・ミュージックのライブラリに追加、ダウンロードしたApple Musicの曲はすべてApple Musicを利用しているデバイスから消えます。

もし保護されたApple Musicの曲を汎用のM4Aに変換できれば、Apple Musicの曲の豊富さとM4Aファイルの便利さを同時に手に入れました。幸いなことに、TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用すれば、簡単にApple Music M4A変換を実現できます。しかも高速でロスレスです。

TuneKeep Apple Music変換ソフト:最強のApple Music M4A変換ソフト

TuneKeep Apple Music変換ソフトは最強なApple Music M4A変換ソフトを言っても過言ではありません。TuneKeep Apple Music変換ソフトは使いやすいインターフェースを持って、最大16倍速の高速変換で、Apple Musicの曲をロスレスでM4A、MP3などに変換できます。

TuneKeep Apple Music変換ソフトの素晴らしい機能

  • Apple MusicのDRM保護を解除、保護されていないM4Aに変換
  • WindowsとmacOS 10.12.6で最大16倍速で変換、macOS 10.13以降は原速
  • MP3、WAVE、AIFF、FLAC、AC3などの出力形式も用意
  • 出力のM4AファイルはApple Musicの曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、年などの曲の情報とアートワークを丸ごと保持可能
  • Apple MusicのID3タグと特殊文字を利用、出力M4Aファイルを一括で改名、アーティスト、アルバムなどのフォルダに整理
  • 最新版のWindows、Mac OS X、iTunesとミュージックアプリに対応

Apple Music音楽をM4Aに変換する手順

ここからはTuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲を汎用で保護されていないM4Aファイル形式に変換する手順を紹介します。

ステップ1:Apple Music変換ソフトを起動

インストールしたApple Music変換ソフトを起動すれば、OSによって、iTunes或いはミュージック(macOS Catalina 10.15以降の場合)も自動的に起動されます。iTunes・ミュージックアプリに存在するプレイリストも自動的に読み込まれて、左パネルで表示されます。Apple Music M4A変換の完了まで、iTunes・ミュージックを操作しないで、閉じてないでください。

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

表示されたプレイリストで変換したい曲のチェックボックスを入れれば、Apple Musicの曲を選択できます。マウスのドラッグアンドドロップで複数の曲を選択できます。また、トップチェックボックスを入れると、プレイリストにある全ての曲を選択できます。必要の場合、内蔵の検索ボックスを利用して、曲名、アーティスト、アルバムなどのキーワードを入力して検索すれば、曲をすぐに探し出せます。

Apple Musicの曲を選択

ステップ3:出力形式をM4Aに選択

下部の出力形式リストからM4A形式を選択します。後、プロファイルのリストから音質のプリセットを選択できます。Apple Musicは保護された256kbpsのAACファイルですから、ロスレスでApple Musicの曲をM4Aに変換したい場合、256kbps M4Aを選択しましょう。ソフトの下部で出力先の調整も可能です。

出力形式をM4Aに選択

必要の場合、オプションをクリックして、変換スピードの調整(Windows版のみ)、出力ファイルの音量、出力ファイルの改名と整理方法などを設定できます。

ステップ4:Apple Music M4A変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Music M4A変換は始まります。Apple Musicの曲は一一にM4Aに変換されます。変換完了の曲に、「出力ファイルを開く」ボタンが表示されます。クリックすると、出力先を開いて、出力のM4Aファイルを見つけ出せます。

曲を変換中

これで、保護されて制限のあるApple Musicの曲を汎用で制限のないM4Aファイルに変換できるようになりました。M4Aなら、様々なデバイスで再生できます。CDへの書き込み、USBメモリ・SDカードへのコピーも可能です。動画編集ソフト・アプリに追加してBGMとして利用してもOKです。これで、Apple Musicの曲の豊富さとM4A曲の便利さを同時に楽しめます。更に、Apple Musicを解約しても、出力のM4Aファイルは聴き続けます。

Apple Musicに入会した方、ぜひTuneKeep Apple Music変換ソフトの無料体験版をダウンロードして試しましょう。