高音質でApple Musicを再生、変換する方法

本文は、Apple Musicの音質(256kbps)と高音質でApple Musicを再生と変換する方法を説明します。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2020年2月13日 丨 購入する

音質は、高いほどいいものと世間に認められています。Apple Musicサブスクリプションに参加すれば、6000万以上の曲を自由に聞けます。Apple Musicからダウンロードした曲は「256kbps」ということは知っていますか。iPhone・iPadで「高品質ストリーミング」をオンにした場合、256kbpsの高音質でオンライン再生も可能です。この「256kbps」はどういう意味でしょうか。または、ほかのデバイスでも高音質でApple Musicの曲を再生できることも知っていますか。本文は、Apple Musicの音質(256kbps)と高音質でApple Musicを再生と変換する方法を紹介します。

目次
1. 音質とは?
2. Apple Musicの音質について
3. TuneKeep Audio Converter - 高音質でApple Musicを変換
4. Apple Musicの高音質を保持したまま汎用のMP3、M4Aに変換

音質とは?

音質、この単語を分割して「音」と「質」に見れば、音の質(クオリティー)のことです。音質が高いほど、どんな楽器が使われたか、普段気づかない細部の音、ボーカルの息さえはっきりと聞こえます。逆に、音質が低いほど、音声が濁ったり、ノイズ、騒音、ひずみが邪魔になったり...聴くのに不快感が引き起こされます。

音質は大体「周波数特性」「ひずみ率」「SN比」「ダイナミックレンジ」四つの要素に決まります。また、音声の収録源、音声の圧縮方式、音声を再生するスピーカーなどによって、音質も左右されます。ここは、ビデオを用いて例を挙げます。

周波数特性

480pなら、画面が見えますが、細かいところは霞んではっきり見えません。1080pなら、画面全体がクリアになります。さらに4kなら、普段気づかないところも明らかに鑑賞できます。音質のそうです。

解像度

ところで、ストリーミング音楽サービスの時代に入ってから、CD、または曲ごとに買う人が減っていきます。しかし、長い運転に、ミュージックがないと退屈極まりないではありませんか。もし保護されたM4Pファイルを、MP3のような汎用的な音声形式に変換して、Apple Musicの曲をUSBメモリに保存できれば、ドライバーの皆さんにとってこの上ない体験です。ここで、Apple Musicの曲をUSBメモリに保存できる方法を紹介します。

Apple Musicの音質について

Apple Musicのオプションに「高音質」を設定すれば、256kbpsで曲をストリーミングします(ダウンロードした曲も256kbps)。この「kbps」は、ビットレートです。ビットレートが高いほど、音質が良くなります。ハイレゾ配信した「CD」音質は、1411kbpsで、一見はその差が天と地ほど大袈裟ですが、実は、人の耳で192kbps以上の音質は聞き分けづらいと言われています。また一方、普通のスマホなら、たとえ1411kbpsであっても無意味とも見られます。CD音質は、ハイレゾ対応のデバイス、イヤホン/スピーカーがなければ、どれだけ高くても、ハイレゾに聞けなさそうです。

また、Apple Musicが使った圧縮技術はAACで、古典技術より、圧縮中、なくなった音声データの量は最大限抑えられます。曲の源も、スタジオやCD会社からもらった「オリジナル盤面」です。二次圧縮はありませんから、256kbpsとは言え、ほかのアプリの「320kbps」にも劣りません。iTunesライブラリにダウンロードした曲の情報をクリックして、Apple Musicの音質が表示されます。

Apple Music音質256kbps

スマホで高音質でApple Musicの曲を聴く

iPhoneの「設定」を開いて、「ミュージック」をタップして、「モバイルデータ通信」をオンにして、「高品質ストリーミング」をオンにすればいいです。高音質の256bkpsでApple Musicをダウンロードする設定も同じ画面にあります(モバイルデータ通信環境で曲を聴く時、自分のデータ残量をあらかじめ確認してください)。

高音質でApple Musicをストリーム

スマホだけではなく、ほかのMP3プレイヤーやウォークマンでも、高音質のApple Musicの曲を楽しみたいならどうすればいいでしょうか。残念ながら、Apple Musicからダウンロードした曲は全部暗号化されて、自分のApple IDがログインできないデバイス上での再生は不可能です。この問題を解決するために、ここではTuneKeep Audio Converterというソフトを利用して、Apple Musicの曲をロスレスで汎用のMP3やM4Aに変換して、どのデバイスでも高音質のApple Musicが聞けるようにします。

TuneKeep Audio Converter - 高音質でApple Musicを変換

TuneKeep Audio Converterは使いやすいApple Music変換ソフトで、Apple Musicの曲の情報と音質を保持して、MP3、M4Aに変換できます。便利で多彩な機能も搭載されています。

最強Apple Music変換ソフト - TuneKeep Audio Converter

  • Apple Musicの曲をロスレスで汎用的なMP3、M4A、FLACに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • 変換した曲はMP3プレイヤーなどに入れるようになった
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの高音質を保持したまま汎用のMP3、M4Aに変換

TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple Musicの曲は高音質を維持したまま、別の形式(MP3、M4A、FLACなど)に変換できます。ここでApple Music MP3変換の手順を説明します。

ステップ 1: TuneKeep Audio Converterを起動

Audio Converterを起動

TuneKeep Audio Converterを起動すると、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Audio ConverterとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2: 変換したい曲の選択

プレイリストから、変換したい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Audio Converterインタフェース

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3: オプション

出力形式のリストで八つの形式を用意しました。音質にこだわりがある方なら、320kbps MP3或は256kbsp M4Aがいいです。さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

Audio Converterの変換オプション

注意:一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを下げてはお勧めします。

ステップ 4: 高音質のApple Musicの曲を変換開始

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

これらの出力ファイルは、iPod Shuffle、iPod Nano、ウォークマンまたは各種類のMP3プレーヤーにも入れるようになって、Apple Musicに対応できないデバイスでも高音質のApple Musicを存分に楽しめます。