Apple Musicの曲をMP3に変換する方法

Apple Musicの曲をMP3に変換できれば、Apple Musicの制限を突破できて、様々な端末やプレーヤーで楽しめます。この記事ではiTunes・ミュージックを使って、Apple Musicの曲をMP3に変換する結果を紹介します。また、プロのApple Music MP3変換ソフトのTuneKeep Apple Music変換ソフトの機能と使い方を紹介します。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2020年12月29日 丨 1980円から購入する

Apple Music

今は定額制のストリーミング音楽配信サービスの時代です。大人気のApple Musicでは7000万超えの曲が配信されています。ただし、Apple Musicの曲はApple Musicのアプリ内しか再生できません。Apple Musicからダウンロードした曲も保護されたAACファイルであり、iPod Nano/Shuffle、ウォークマン、PSP、MP3プレーヤーなどの端末やプレーヤーでは再生できません。もしApple Musicの曲を汎用のMP3形式に変換できれば、無制限で楽しめます。

さて、Apple Musicの音楽をMP3に変換することが可能でしょうか。MP3変換機能を搭載するiTunes・ミュージックアプリを利用して、Apple Musicの曲のMP3バージョンを作成したら、結果はどうなるでしょうか。結果から言えば、ダメです。ただし、サードパーティーのTuneKeep Apple Music変換ソフトを利用すれば、Apple Musicの音楽を簡単にMP3に変換できます。この記事ではiTunes・ミュージックまたはTuneKeep Apple Music変換ソフトを使って、Apple Music MP3変換のテストとその結果を紹介します。

目次
1. WindowsでiTunesはApple Musicの曲をMP3に変換できない
2. macOSでミュージックアプリはApple Musicの曲をMP3に変換できない
3. Apple Music MP3変換に必要なソフト:TuneKeep Apple Music変換ソフト
4. TuneKeep Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲を簡単にMP3に変換する手順

WindowsでiTunesはApple Musicの曲をMP3に変換できない

WindowsまたはmacOS Mojave 10.14.6までのMacでは、Apple MusicまたはiTunes Storeにアクセスするに、iTunesが使われています。iTunesはiTunes Storeで音楽・ビデオの購入先でもあり、Apple Musicのダウンロード・管理・再生・転送ソフトでもあります。更に、CD書き込み、音声変換の機能も搭載しています。果たして、iTunesを使って、Apple Musicの曲をMP3に変換することは可能でしょうか。iTunesを使って、他の形式の音楽をMP3に変換する手順を従って、テストしましょう。

ステップ1:iTunesの環境設定を開く

iTunesを起動して、Windowsの場合、メニューの「編集」>「環境設定」をクリックします。macOS 10.9 - 10.14の場合、メニューバーの「編集」>「環境設定」をクリックします。すると、「一般環境設定」ダイアログが表示されます。

ステップ2:読み込み設定

「一般環境設定」の画面で、「読み込み設定」ボタンをクリックします。「読み込み設定」ダイアログが表示されます。読み込み方法のリストからMP3エンコーダを選択します。設定で標準音質128kbps、良音質160kbps、高音質192kbpsとカスタムを選択できます。

iTunes読み込み設定

カスタムをクリックすると、「MP3エンコーダ」ダイアログが表示されます。ステレオビットレートのリストで16kbpsから320kbpsまで選択できます。320kbpsはMP3形式の最高音質です。ビットレートを選択した後、OKをクリックして、「読み込み設定」ダイアログに戻ります。再度OKをクリックして、MP3エンコーダとビットレートを適用できます。

ステップ3:Apple Music MP3変換を実行

iTunesの音楽ライブラリに戻って、Apple Musicの曲を選択してから、メニューの「ファイル」>「変換」>「MP3バージョンを作成」をクリックして、Apple Music MP3変換を実行します。

iTunesでApple MusicのMP3バージョンを作成

実行すると、「保護されたファイルは他のフォーマットに変換できないため、○○○は変換できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。これで、iTunesはApple Musicの曲をMP3に変換できないことが分かりました。

iTunesでApple Music MP3変換失敗

macOSでミュージックアプリはApple Musicの曲をMP3に変換できない

macOS Catalina 10.15以降のmacOSで、Apple Musicの再生・管理・転送のツールはiTunesからミュージックというアプリに変わりました。ミュージックアプリを使って、Apple Musicの曲をMP3に変換したら、結果はiTunesの結果と同じであることを推測できます。ここでは普通の変換手順でApple Musicの曲をMP3に変換して検証しましょう。

ステップ1:ミュージックアプリの環境設定を開く

ミュージックアプリのメニューバーで、「ミュージック」>「環境設定」をクリックします。すると、「一般」タブが表示されます。「ファイル」タブに切り替えます。

ミュージックアプリのファイルタブ

ステップ2:読み込み設定

「ファイル」タブで「読み込み設定」ボタンをクリックします。WindowsでのiTunesと同じく、「読み込み設定」ダイアログが表示されます。MP3エンコーダの選択、音質とビットレートのカスタムなども同じです。

ミュージックアプリのMP3エンコーダの設定

ステップ3:Apple MusicをMP3に変換

設定完了後、ミュージックアプリでApple Musicの曲を選択してから、メニューバーで、「ファイル」>「変換」>「MP3バージョンを作成」をクリックして、Apple MusicをMP3に変換します。

ミュージックアプリでApple MusicをMP3に変換

予想の通り、「保護されたファイルは他のフォーマットに変換できないため、○○○は変換できませんでした」も表示されます。つまり、ミュージックアプリもApple Musicの曲をMP3に変換できません。

iTunes・ミュージックアプリもApple Musicの曲をMP3に変換できませんが、サードパーティーのプロのApple Music MP3変換ソフトであるTunekeep Apple Music変換ソフトを利用すれば、Apple Musicの音楽をMP3に変換するのは容易いです。そのソフトの素晴らしい機能と使い方をご覧ください。

Apple Music MP3変換に必要なソフト:TuneKeep Apple Music変換ソフト

TuneKeep Apple Music変換ソフトはApple Musicの音楽のDRM保護を解除して、汎用のMP3、M4A、WAVなどに変換するために設計されました。iTunes・ミュージックアプリを連携する必要があります。

TuneKeep Apple Music変換ソフトの機能一覧

  • Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAV、AIFF、FLACなど汎用の音楽形式に変換
  • 256kbps高音質のApple Musicをロスレスで320kbps MP3に変換
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍速でApple Music MP3変換を実現、macOS 10.13以降の場合はOSの制限のため、原速で変換
  • 出力のMP3ファイルに元のApple Musicの曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、年などの情報とアートワークを丸ごと保持
  • 曲名、アルバム、アーティスト、ハイフン、スペースなどで出力を一括改名
  • 出力ファイルを指定のフォルダに整理
  • 最新版のWindows、macOS、iTunesとミュージックアプリに対応

TuneKeep Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲を簡単にMP3に変換する手順

TuneKeep Apple Music変換ソフトは使いやすいインターフェースを持って、パワフルなApple Music変換機能を搭載しています。このソフトを利用すれば、Apple Musicの曲をMP3形式に変換するのは非常に簡単です。下記の手順をご覧ください。

ステップ1:Apple Music MP3変換ソフトを起動

TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunes或いはミュージックアプリ(Mac 10.15 Catalina以降の場合)も自動的に起動されます。その際、iTunes・ミュージックにある音楽ライブラリも自動的に読み込まれて、左パネルで表示されます。Apple Music MP3変換には、iTunes・ミュージックと連携する必要がありますが、全ての操作はTuneKeep Apple Music変換ソフトで完成できます。iTunes・ミュージックをバックグラウンドで実行すればいいです。変換完了まで、iTunes・ミュージックを閉じないでください。

ステップ2:Apple Musicの音楽を選択

左パネルのプレイリストをクリックして、MP3に変換したいApple Musicの曲を選択します。プレイリストのトップチェックボックスを入れると、プレイリストにある全ての曲を選択できます。必要の場合、内蔵の検索ボックスを利用して、曲、アルバムとアーティストを素早く探し出せます。

Apple Musicの曲を選択

ステップ3:出力形式をMP3に選択

TuneKeep Apple Music変換ソフトのデフォルトの出力形式はMP3形式です。もし他の形式に変更した場合があったら、出力形式リストからMP3を選択すればいいです。プロファイルのリストからMP3の音質を選択できます。Apple Musicの高音質を保持するに、320kbpsの高音質のMP3に設定してください。これでApple MusicをロスレスでMP3に変換できます。

出力形式をMP3に選択

Windows版の場合、Apple Music MP3変換は最大16倍速で行えます。必要の場合、原速から16倍速まで調整できます。macOS 10.9.5 - 10.12.6の場合、自動的に16倍速を適用できます。ただし、macOS 10.13以降、OSの制限のため、原速しか変換できません。オプションボタンをクリックすれば、変換スピードの調整、出力の改名・整理のルール、出力ファイルの音量などを調整できます。

ステップ4:Apple Music MP3変換を開始

「変換」ボタンをクリックしたら、Apple Music MP3変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、MP3の保存先は表示されます。出力のMP3ファイルをすぐに見つけ出せます。

曲を変換中

これで、簡単なステップを従って、Apple Musicの曲を高音質の320kbps MP3に変換できるようになります。Apple MusicをMP3に変換した上、Apple Musicの制限も消えました。出力のMP3ファイルなら、様々な端末やプレーヤーでの再生はもちろんですが、他の様々な目的にも活用できます。Apple Musicの音楽をMP3に変換したい方、ぜひApple Music変換ソフトをダウンロードして試しましょう。無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。