Apple Musicの曲をMP3に変換する方法

Apple Music MP3変換を思ったことがありませんか。TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用すれば、簡単にApple MusicをMP3に変換して、Apple Musicの豊富さとMP3の便利さを同時に楽しめます。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2020年7月5日 丨 購入する

Apple Music

今は定額制のストリーミング音楽配信サービスの時代です。Apple社の携帯電話のiPhoneとタブレットのiPadは流行っていることにも関係があるかもしれませんが、日本でApple Musicも大人気です。ただし、持ち歩いてApple Musicのような音楽サービスを楽しむに、iPhone/iPad/iPod TouchとAndroidデバイスなどのスマートデバイスが必要です。昔iPod Nano/Shuffle、ウォークマンなどのようなMP3プレーヤーでMP3形式を代表としての音楽ファイルをデバイスに入れて再生する方式とはすっかり代わりました。

もしApple Musicの曲を汎用のMP3形式に変換できれば、Apple Musicの6000万超えの曲数ほどの豊富さとMP3の高い汎用性の便利さを同時に楽しめます。この記事ではApple Musicのメリットと制限を紹介します。また、Tunekeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple MusicをMP3に変換して、Apple Musicの制限を突破する方法を紹介します。

目次
1. Apple MusicとMP3:それぞれのメリット
2. Tunekeep Apple Music変換ソフト:素晴らしいApple Music MP3変換ツール
3. Apple Musicの曲を簡単に高音質の320kbps MP3に変換する手順

Apple MusicとMP3:それぞれのメリット

Apple Musicのサブスクリプションに入会すると、Apple Musicの全てのメリットを楽しめます。果たして、Apple Musicのメリットはなんでしょうか。

  • Apple Musicに参加すると、音楽ライブラリを様々なデバイスに同期できます。
  • iTunes Matchの機能を利用可能で、ローカルの低音質のファイルをライブラリに追加して、クラウドにアップロードされて、高音質の256kbps M4Aファイルに置換されることができます。iTunes MatchとApple Musicの比較へ >>
  • 音楽再生履歴を基づいて、音楽テーストに合う曲を推薦してくれます。
  • 洋楽と邦楽を始め、数え切れないほどの6000万の曲を聴けます。
  • アメリカ、日本を始め、国々のトップ100の曲を提供しています。簡単に最新最高の音楽を見つけられます。

Apple Musicのインターフェース

MP3音楽ファイル形式も色々なメリットがあります。MP3のメリットもApple Musicのデメリットと見なせます。ここでは、MP3ならできる、Apple Musicならできない例を挙げます。

  • MP3はiPod Nano/Shuffle、ウォークマン、PSP、Kindle Fire、MP3プレーヤーで再生できます。Apple Musicならできません。
  • MP3は動画編集ソフト・アプリのBGMとして利用できます。Apple Musicは自社のiMovie、Final Cut Pro Xでも利用できません。
  • MP3はオーディオCD、MP3 CDに書き込めます。Apple MusicならCDに書き込めません。
  • MP3はUSB HDD、USBメモリ、SDカードなどにコピーして活用できます。Apple Musicの場合、Apple IDに関連付けられて、DRM保護が書かていますので、ダウンロードしたM4Pファイルをコピーしても無意味です。
  • MP3はAndroid携帯電話とタブレットで着信音として利用できます。Apple Musicなら、着信音として利用できません。
  • MP3はGoogleドライブ、One Drive、Dropboxなどのオンラインストレージにアップロードできます。

やはり軽くて携帯しやすいMP3プレーヤーを持ち歩いて、音楽を再生するのは最適な音楽再生方式かもしれません。と言っても、どうすればApple Musicの曲をMP3に変換できますか。Apple MusicをMP3に変換できれば、MP3の長所をもってApple Musicの短所を補えます。ここでは素晴らしいApple Music MP3変換ソフトであるTuneKeep Apple Music変換ソフトの出番です。

Tunekeep Apple Music変換ソフト:素晴らしいApple Music MP3変換ツール

録音ソフトを利用して、Apple Musicの曲を再生しながら、録音してMP3として保存すれば、Apple Music MP3変換の目的も叶えますが、録音ソフトも様々な不便さがあります。頻繁に手動の再生・停止のクリック、保存後手動で曲の情報の編集、曲の再生時間と同じ録音時間などの問題から見れば、録音ソフトを使って、多くのApple Musicの曲をMP3に変換するのは不可能です。ここではプロのApple Music変換ソフトの素晴らしい機能をご覧ください。

TuneKeep Apple Music変換ソフトの機能一覧

  • Apple Musicの曲をMP3、M4A、WAV、AIFF、FLACなど汎用の音楽形式に変換
  • 256kbps高音質のApple Musicをロスレスで320kbps MP3に変換
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍速でApple Music MP3変換を実現、macOS 10.13以降の場合はOSの制限のため、原速で変換
  • 出力のMP3ファイルに元のApple Musicの曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、年などの情報とアートワークを丸ごと保持
  • ID3タグと特殊文字を利用、出力MP3を一括で改名、フォルダに整理
  • 最高の互換性を持って、最新のWindows、macOS、iTunesとミュージックに対応

Apple Musicの曲を簡単に高音質の320kbps MP3に変換する手順

ここからはTuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲をMP3に変換する手順を紹介します。

ステップ1:Apple Music MP3変換ツールを起動

TuneKeep Apple Music変換ソフトをインストールしてから、起動すれば、iTunes或いはミュージックアプリ(Mac 10.15 Catalina以降の場合)も自動的に起動されます。その際、iTunesにあるプレイリストも自動的に読み込まれて、左パネルで表示されます。Apple Music MP3変換完了まで、iTunes・ミュージックアプリを操作しないで、閉じてないでください。

ステップ2:Apple Musicを選択

左パネルのプレイリストをクリックして、MP3に変換したいApple Musicの曲を選択します。プレイリストのトップチェックボックスを入れると、プレイリストにある全ての曲を選択できます。必要の場合、内蔵の検索ボックスを利用して、曲、アルバムとアーティストを素早く探し出せます。

Apple Musicの曲を選択

ステップ3:出力形式をMP3に選択

TuneKeep Apple Music変換ソフトのデフォルトの出力形式はMP3形式です。もし他の形式に変更した場合があったら、出力形式リストからMP3を選択すればいいです。プロファイルのリストからMP3の音質を選択できます。Apple Musicの高音質を保持するに、320kbpsの高音質のMP3を設定してください。これでApple MusicをロスレスでMP3に変換できます。

出力形式をMP3に選択

Windows版の場合、Apple Music MP3変換は最大16倍速で行えます。必要の場合、原速から16倍速まで調整できます。macOS 10.9.5 - 10.12.6の場合、自動的に16倍速を適用できます。ただし、macOS 10.13以降、OSの制限のため、原速しか変換できません。オプションボタンをクリックすれば、変換スピードの調整、出力の改名・整理のルール、出力ファイルの音量などを調整できます。

ステップ4:Apple Music MP3変換を開始

「変換」ボタンをクリックしたら、Apple MusicからMP3への変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、MP3の保存先は表示されます。出力のMP3ファイルはここにあります。

曲を変換中

これで、簡単なステップを従って、Apple Musicの曲を高音質の 320kbps MP3に変換できました。汎用のMP3ファイルなら、様々な目的に活用できます。もちろん、Apple MusicをMP3に変換した上、Apple Musicの制限も完璧に破れます。Apple Musicを活用したい方、ぜひApple Music変換ソフトをダウンロードして試しましょう。無料体験版は曲ごとに三分まで変換できます。