Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

好きな曲をUSBメモリに転送して、カーオーディオまたはほかのデバイスでも流せます。しかし、Apple Musicの曲は、そう簡単にUSBメモリにコピーできません。例えコピーできたとしても、DRM保護によって再生不能ということになります。本文は、Apple Musicの曲を正しくUSBメモリに保存する方法を説明します。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年11月5日 丨 購入する

Apple Musicの曲を思う存分に楽しむには、時に曲をUSBメモリに保存することもあります。USBメモリに保存して、カーナビ、カーオーディオまたはほかのUSB接続できるデバイスで、素晴らしきメロディーを流せます。しかし、ストリーミング音楽サービスとして、Apple Musicからダウンロードした曲は全部DRM保護付きなので、ほかのiTunesがインストールできないデバイスでは再生できません。正しい方法は、Apple Musicの曲をMP3のような汎用的な音声形式に変換してから、USBメモリに保存します。本文は、TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法を説明します。

目次
1. Apple Musicの曲をUSBメモリに保存しても無駄
2. Apple Musicの曲を汎用的なMP3に変換:Apple Music変換ソフト
3. Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存しても無駄

Apple Musicストリーミング音楽サービスを購読したユーザーは、曲をローカルディスクにダウンロードできます。ダウンロードした曲も、そのままコピペでUSBメモリに保存できます。これで、USBメモリを他のデバイスに入れて、再生しようっと...

と考えたら、大違います。実は、Apple Musicからダウンロードした曲は、全部保護付きのM4Pファイルです。一つの音楽ファイルに、一つのApple IDとリンクされました。例え別のパソコンに曲を再生しようと、自分のApple IDをログインしないと、同じく再生できません。iTunesをインストールできないデバイス(カーオーディオまたはゲーム機など)は言うまでもなく、再生できません。

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存

ところで、ストリーミング音楽サービスの時代に入ってから、CD、または曲ごとに買う人が減っていきます。しかし、長い運転に、ミュージックがないと退屈極まりないではありませんか。もし保護されたM4Pファイルを、MP3のような汎用的な音声形式に変換して、Apple Musicの曲をUSBメモリに保存できれば、ドライバーの皆さんにとってこの上ない体験です。ここで、Apple Musicの曲をUSBメモリに保存できる方法を紹介します。

Apple Musicの曲を汎用的なMP3に変換:Apple Music変換ソフト

TuneKeep Apple Music変換ソフトは強力なApple Music DRM解除ソフトであり、Apple MusicのM4Pファイルをロスレスで汎用のMP3に変換できます。出力のMP3ファイルをUSBにコピーすれば、カーオーディオまたはほかのデバイスで聞けるようにします。他のパソコンに移行するにも便利です。

Apple Music MP3変換ソフト - Apple Music変換ソフト

  • Apple Musicの曲を汎用的なMP3、M4A、FLACに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • 変換した曲は簡単にUSBメモリに保存
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をUSBメモリに保存する方法

TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲を簡単にUSBメモリに保存できます。ここでは、Apple Musicの曲をMP3に変換してUSBメモリに入れる方法を説明します。

ステップ 1:TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動

Apple Music変換ソフトを起動

TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Apple Music変換ソフトとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2:トラックを選択

プレイリストから、USBメモリに保存したい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Apple Music変換ソフトインタフェース

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3:音楽形式を選択/オプションをチェック

出力形式のリストで八つの形式を用意しました。汎用性の高いMP3をお勧めします。音質損はなくて、ロスレスで変換が行えます。

さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

MP3、M4A、FLAC変換

注意:一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを上げないのをお勧めします。

ステップ4:Apple Musicの曲をMP3に変換

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

ステップ5:出力MP3ファイルをUSBメモリに保存

USBメモリをパソコンのUSBポートに差し込んで、曲をUSBにコピーまたはドラッグアンドドロップして、簡単にApple Musicの曲をUSBメモリに保存できます。これで、運転中にも、Apple Musicの曲を再生できるようにしました。Apple Music変換ソフトは強力なApple Music変換ソフトなので、さっそくダウンロードしてお試しください。