Apple Musicの曲を車で聴く方法を説明

運転しながら、Apple Musicの曲も楽しみたいですか。本文は、Apple Musicの曲を車で再生させる方法をまとめて紹介します。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2020年2月12日 丨 購入する

長い運転、メロディーを流さないと、むなしくと思い、あくびまで出るかもしれません。ですから、自分の気分に合わせて、運転用の音楽も大事で欠かせない一環です。緑あふれる田舎道に、こころを安らぐ静かなメロディー、高速道路にアクセル全開にふさわしい「バトル音楽」…想像だけに、ハンドルを握る手が震えて止まりません。Apple Musicは、広告なしで6000万曲をストリーミングできます。きっと、あなたの気分に合わせられる曲を見つかることができます。果たして、Apple Musicはどのように車で再生できますか。本文は、その方法をまとめて説明します。

目次
1. 車でApple Musicを再生する方法のまとめ
2. TuneKeep Audio Converter - いつでも車でApple Musicを聴く
3. Apple Musicの曲を変換してカーステレオに入れる方法

車でApple Musicを再生する方法のまとめ

ブルートゥース
Android/iOSスマホ今ほとんどの機種は「ブルートゥース」機能が搭載されています。カーステレオはブルートゥース機能がある限り、スマホからワイヤレスで音楽を車のスピーカーで再生できます。しかし、カーステレオのブルートゥースバージョンの制限によって(カーナビゲーション接続の安定性から考えれば)、その音質は「最低」しか再生できない車種も多いようです。

ブルートゥースを通じて、Apple Musicを車で聴く

Auxケーブル
Aux ケーブルの一端を車での Aux 端子に接続して、もう一端は iPhone または Android スマホに接続します。そして、車側から「Auxモード」を選択して、スマホから曲の再生、一時停止、切り替えができます。注意:Auxケーブルは別売りです。

Auxケーブルを通じて、Apple Musicを車で聴く

FMトランスミッター
一部の車種に、本当にブルートゥースが搭載されていません。この時はどうすればいいでしょうか。「FMトランスミッター」がお役に立てるかもしれません。「FMトランスミッター」は、ラジオ放送に使わない周波数にあわせて、スマホの音声を「ラジオ」にして、車で再生させます。ラジオのような放送形式ですから、ノイズが発生することがデメリットです。

Apple CarPlay
Apple CarPlayは、Lightningケーブル、またはBluetoothを使ってiPhoneを車に接続して使用します。特に、CarPlayは「Siri」も使えて、音声コントローラーで曲の切り替えや一時停止ができて、とても便利です。

CarPlay を使うには、iPhone 5 以降の機種が必要です。サポートする車はこちらのリストにご参照ください。BWM、TOYOTA、SUBARU...ほとんどの車で、CarPlayが使えます。

Apple CarPlayを通じて、Apple Musicを車で聴く

Apple Musicの曲をUSBに保存/CDに焼く
Apple Music を USB メモリに入れて車と接続して、またはApple Musicの曲をCDに焼くのもいい方法です。上記いくつかの方法も使いたくない方はこの二つのをお勧めします。

しかし、Apple Musicの曲はそのままでUSBメモリに入れ/CDに焼くことができません。ダウンロードされた曲はすべて Apple の DRM 技術で保護されているためですから。この保護はどうやって解除すればいいですか。ここでは、専門的なApple Music変換ソフト - TuneKeep Audio Converterを紹介します。

TuneKeep Audio Converter - いつでも車でApple Musicを聴く

TuneKeep Audio Converterを利用したら、Apple Musicからダウンロードした曲は、CDに書き込み、SDカード/USBに保存してカーステレオに入れることも楽々。スマホ/タブレット/カーステレオのストレージ空間も使用せず、いつでも自由に聞けます。

TuneKeep Audio Converter - いつでも車でApple Musicを聴く

  • Apple Musicの曲をウォークマンで再生可能のMP3、M4A、FLACに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • WindowsとMacでも曲をダウンロードしなくても変換可能
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲を変換してカーステレオに入れる方法

ここではTuneKeep Audio Converterを利用して、Apple Musicの曲を簡単に高音質のMP3に変換する手順を紹介します。

ステップ1:Audio Converterを起動

Audio Converterをインストールして、起動すれば、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も自動的に連動して起動されます。その際、iTunesにあるプレイリストも自動的に読み込まれて、左パネルで表示されます。変換完了まで、iTunesを操作しないで、閉じてないでください。

TuneKeep Audio ConverterとiTunesをそれぞれ最新版にアップデートするのはオススメです。

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

表示されたプレイリストから変換したいApple Musicの曲を選択するに、チェックボックスを入れればいいです。マウスのドラッグで一度複数の音楽も選択できます。プレイリスト全体を変換するに、トップのチェックボックスを選択すればいいです。

曲を選択

検索ボックスは内蔵されています。これを利用して、タイトル、アーティスト、アルバムを入力して検索すれば、すぐに変換したい曲をライブラリから探し出せます。

Audio Converterは、iTunesライブラリにあるApple Music音楽を、ダウンロードせずに変換できます。しかし、ストリーミングする時に再生エラーなどの問題もあるかもしれないので、先に音楽をiTunesライブラリにダウンロードするのがオススメです。

ステップ3:出力形式をMP3に選択

CDへの書き込み、SDカード/USBメモリへのコピーは、Apple Musicの音質またはファイルサイズに近い320kbps MP3或いは256kbps M4Aを選択すればいいです。ここでMP3の出力形式を例にして説明します。必要の場合、出力フォルダ、ビットレートなども設定できます。必要の場合、「オプション」を開いて、ボリュームや変換スピード、出力ファイル名などを設定できます。

出力形式をMP3に選択

ステップ4:変換を開始

「変換」ボタンをクリックすると、Apple Music MP3変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力のファイルを見つけ出せます。

曲を変換中

USBメモリをパソコンのUSBポートに差し込み/空白の書き込み可能なCDをドライブに入れ、変換したApple Musicは無制限にコピー、転送、焼くことが可能になりました。具体的な方法は下の記事にご参照ください。

これでApple Musicを車で再生する方法のまとめです。Apple Musicを愛車で聞くのに悩んでいる方は参考になれば、嬉しいです。必要の場合、ぜひTuneKeep Audio Converterを試してください。