Apple Music DRM解除ソフト:TuneKeep Auido Converter

本文は、DRMについて説明して、また、TuneKeep Audio ConverterというApple Music DRM解除ソフトで、Apple Musicからダウンロードした曲に頑固なDRM保護を解除する方法も紹介します。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年10月29日 丨 購入する

今、ほとんどのデジタル著作物がDRMという保護が付かれて、金を払ってものを購入したユーザーらにとって、様々不便さがもたらしました。「自分が買ったものなぜ自由に使えん」という批判的な声も日々強まっていきます。Apple Musicからダウンロードした曲もそうで、iPod、PSP、ウォークマンと普通のMP3プレーヤーに入れて聞きたい場合、Apple Musicの曲を動画編集、BD/DVDオーサリングのBGMとして使用したい場合、Apple Music DRM解除しなければなにもできないと気づきました。本文は、DRMについて説明します。また、Apple Music DRM解除ソフト - TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple Music DRM保護を解除する方法も紹介します。

目次
1. Apple Music DRM保護による不便
2. DRMに対する不満
3. 強力なApple Music DRM解除ソフト:TuneKeep Audio Converter
4. Apple MusicからDRM保護を解除して、汎用のMP3/M4Aに変換

Apple Music DRM保護による不便

DRM、全称はDigital Rights Managementで、デジタル著作権管理という意味です。これは、不正コピー、無制限利用などを防ぐために開発された保護技術の一つです。出発点はよいものですが、実際、デジタルコンテンツを購入・購読したユーザーにとっては、ナイトメアーのような存在です。各社利用されているDRM技術も違って、例えば、Apple Musicの音楽は、Spotifyに再生不能となります。逆の場合もそうです。Apple Musicからダウンロードした曲は、ほかのアプリ、iTunesをインストールできないデバイス、ほかの形式に変換するような操作は全部ブロックされます。

Apple DRM保護

Apple MusicはWindows、Mac、iPhone、iPad、iPod Touch、Apple TV、Android携帯電話とタブレットなど多くのデバイスで聴けます。ウォークマン、MP3プレイヤーなどのデバイスはともかく、iMovie、Final Cut Xpress、Final Cut Pro、Filmora、DVDStylerなどの動画編集・DVDオーサリングソフトにさえ追加できません。USB・SDカードに保存、着信音/アラーム音に設定もできません。つまり、指定されたデバイスに再生という操作しかできません。

DRMに対する不満

前文から見れば、確かに不便なのです。サービス提供側はいかにもお客さんの立場から考えるべきです。ですから、現在DRMを強い不満を抱える人が多くいます。

万が一、今利用している端末が壊れてしまい、買い換えた場合にデータの移行ができません。例え移行できるとしても、コンテンツメーカー側から指定されたデバイスから選択しかありません。消費者が所有する選択権を偽りの存在とされます。また、メーカーがある原因で倒産されたら、購入したコンテンツはどうなりますか。その答えは、今も答えられません。

Apple DRM保護解除

Apple Musicのような音楽サービス以外、DRM技術は、映画、デジブック、ゲーム...ほぼインターネットにある内容を全部網羅しました。あるゲームを販売しているプラットフォーム(GOG)に、あらゆる内容がDRMとやらほかの保護とやらみたいな技術一切使いません。彼らの理念は「DRMからユーザーへの悪影響は、想像より遥かに越えた。実は、金を払うユーザーにとって、DRM保護は逆に余計なものです。逆に、もともと金を払うつもりのない人にとって、DRMの有無に何の影響もありません。DRMがあれば、使用しません。DRMがなければ、使用した後も払おうとしません。つまり、DRMは、本当のお客さんに深く傷をつきます。」

強力なApple Music DRM解除ソフト:TuneKeep Audio Converter

Apple Music DRM解除を行って、汎用のMP3、M4Aなどの音声形式に変換すれば、様々な不便さを回避できます。TuneKeep Audio Converterは、専門的なApple Music DRM解除ソフトです。Audio Converterは曲の情報を保持したまま、Apple Musicの曲、M4B/AA/AAXオーディオブック、M4A、M4P、AIFFなどiTunesで再生可能の音声形式をロスレスでMP3、M4A、FLACなどに変換できるiTunes音声を変換します。

Apple Music DRM解除 - Audio Converter

  • Apple Musicの曲を汎用的なMP3、M4A、FLACに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • WindowsとMacでも曲をダウンロードしなくても変換可能
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple MusicからDRM保護を解除して、汎用のMP3/M4Aに変換

TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple MusicのDRM保護を簡単に解除できます。ここでは、Apple Musicの曲をMP3、M4A、FLACに変換してDRMを解除する方法を説明させていただきます。

ステップ 1: TuneKeep Audio Converterを起動

Audio Converterを起動

TuneKeep Audio Converterを起動すると、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Audio ConverterとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2: トラックを選択

プレイリストから、DRMを解除したい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Audio Converterインタフェース

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3: 音楽形式を選択/オプションをチェック

出力形式のリストで八つの形式を用意しました。汎用性の高いMP3、M4Aをお勧めします。音質損はなくて、ロスレスで変換が行えます。

さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

MP3、M4A、FLAC変換

注意:一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを上げないのをお勧めします。

ステップ 4: Apple Music DRM解除開始

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

変換した音声ファイルは、ほかのデバイスまたはほかのアプリに活用できるようになりました。Apple Music DRM解除による不便さを回避したい方なら、ぜひTuneKeep Audio Converterをダウンロードしてお試しください。