全てのMP3プレイヤーで
Apple Music音楽を再生する方法

多いのMP3プレイヤーではApple Musicに対応していません。この記事では、Tunekeep Audio Converterを利用して、ダウンロードしたApple Music音楽を全てのMP3プレイヤーで再生する方法を紹介いたします。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年9月29日 丨 購入する

ストリーミング配信時代と言われる今でも、MP3プレイヤーは多く使用されています。携帯性がよくて、安い機種もたくさんあり、高音質を求める人でも性能高い機種を利用して満足できます。しかし、殆ど全てのMP3プレイヤーではそのストリーミング配信アプリに対応していません。Apple Musicもその一つです。Apple Music音楽をMP3プレイヤーに入れて持ち歩きたいですか?この記事では、TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple Musicの曲をMP3などのフォーマットに変換して、Apple Music MP3プレイヤー再生を可能にする方法を紹介します。

目次
1. MP3プレイヤーは時代の波に乗れますが
2. Audio Converterを利用して曲を汎用化
3. Apple Musicの曲をMP3プレイヤーに入れる方法

MP3プレイヤーは時代の波に乗れますが

MP3プレイヤーのサイズは非常に小さくて、その中ディスプレイさえ必要ない(むしろそもそも対応していない)機種もあります。一部の機種の価格は低くて、購入してもプレッシャーがあんまりかかりません。性能高い価格も高い機種は、高音質を求める方でも満足できるくらい設計されます。また、軽いので持ち歩き易いです。ちょっとした出掛ける時や、ランニングする時などには快適です。

元々MP3のみ再生できるため、MP3プレイヤーという名前を使用しました。現在は多くのフォーマットに対応していて、デジタルオーディオプレーヤーとも呼ばれます。さらに、音声再生以外の領域にも手を伸ばしました。一部のMP3プレイヤーはアプリをインストール・カスタマイズでき、むしろミニスマホみたいのものになっています。アプリを利用すれば、ローカル音楽ファイルを再生することだけでなく、ストリーミング配信サービスの利用も可能かもしれません。例えば、iPod TouchでApple Musicを利用でき、ブラウザを搭載しているMP3プレイヤーはウェブストリーミングを利用可能でしょう。

Apple MusicをMP3プレイヤーに入れます

MP3プレイヤーは時代の波に乗って、だんだん進化しています。残念ながら、アプリを利用できるMP3プレイヤー機種はあくまで少数です。少なくても現在、ストリーミング配信に対応するのはまだ難しいです。技術の発展に時間が必要です。他のデバイスでストリーミングサービスを利用して、音楽をダウンロードしても、保護がかかっているためMP3プレイヤーに転送できません。

今すぐMP3プレイヤーでApple Music音楽を楽しみたいですか?TuneKeep Audio ConverterというApple Music MP3変換ソフトを利用すれば、それは不可能なことではありません。

Audio Converterを利用して曲を汎用化

Audio Converterは曲の情報を保持したまま、Apple Musicの曲を始め、iTunesで再生できる音声形式をロスレスでMP3やM4Aなどに変換できます。Apple Musicを購読している方はぜひダウンロードして試してみましょう。

Apple Musicの曲をMP3に変換 - Audio Converter

  • Apple Music音楽を全てのMP3プレイヤーに対応するMP3に変換
  • 音声品質をロスレスでキープして、高音質を楽しむ
  • 出力のMP3を自動的に分類・改名して、転送にも便利
  • タイトル、アーティスト、アルバムなどのタグを保持
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をMP3プレイヤーに入れる方法

TuneKeep Audio Converterを利用すえば、簡単にApple Musicの曲をMP3などに変換して、MP3プレイヤーに入れます。ここからはApple Musicの曲をMP3に変換する例として、Apple Music MP3プレイヤー再生を可能にする方法を紹介します。

ステップ 1: TuneKeep Audio Converterを起動

TuneKeep Audio Converterを起動すれば、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も自動的に連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリが自動的に読み込まれて、左パネルでリストされます。ライブラリに曲がたくさん追加されている場合は、しばらくお待ちください。

Audio Converterを起動

古いバージョンを利用すると、想定外のエラーが発生する可能性がありますので、Audio ConverterとiTunesをそれぞれ最新版にアップデートするのはオススメです。

ステップ 2: 音楽トラックを選択

プレイリストからMP3プレイヤーに入れたい曲のチェックを入れて、選択します。トップチェックボックスを入れたら、プレイリストにある曲を全て選択します。検索ボックスに気に入りの曲の曲名、アーティストなどを入力すれば、すぐに探し出せます。

Apple Music変換-Audio Converterインタフェース

ステップ 3:出力形式を選択

出力形式リストからMP3に選択すれば、無難にほぼ全てのMP3プレイヤーで再生できるでしょう。必要があれば、M4Aなどのフォーマットも選択できます。出力を320kbps MP3または256kbps M4Aに選択したら、ロスレスで変換が行います。また、「オプション」を開いて、ボリュームや変換のスピード、出力フォルダ・ファイルなども設定できます。

オプション画面

ステップ 4: 変換開始

「変換」ボタンをクリックしたら、Apple Musicの音楽を選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

ステップ 5: 音楽をMP3プレイヤーに転送

変換した音楽ファイルをMP3プレイヤーに転送するには、異なるMP3プレイヤーによってそれぞれです。基本的にはケーブルやSDカードなどで音楽を転送します。Apple MusicにiPod Nanoウォークマンに転送するのは、この二つの記事にご覧ください。

こうして変換した曲をMP3プレイヤーに入れて、いつまでもどこまでも軽いMP3プレイヤーを持っていることで、Apple Musicを楽しめます。まだApple Musicを購読している方はぜひダウンロードして試してみてください。