iPod ShuffleでApple Musicの曲を再生する方法

iPod ShuffleにApple Musicの曲を同期すると、「Apple Musicの曲をiPodにコピーできない」が表示されます。この記事では、TuneKeep Apple Music変換ソフトを使って、Apple Musicの曲をMP3、M4Aに変換してから、iPod Shuffleに入れて再生する方法を紹介します。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2020年10月13日 丨 購入する

ストリーミング音楽配信サービスの時代と言われている今でも、軽くて携帯しやすいMP3プレーヤーを愛用しているユーザーが多いです。特に、かつてアップルのiPodシリーズの一つとして販売されていたiPod Shuffleは、今でも多いファンがあります。Apple Musicも同じでアップルの製品のため、iPod ShuffleでApple Musicの曲を再生できるはずだという錯覚を起こすーザーも多いです。残念ですが、Apple Musicの曲はiPod Shuffleに同期できなくて、再生できません。ただし、TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲をiPod Shuffle対応可能のMP3、M4Aに変換すれば、iPod ShuffleでもApple Musicの曲を再生できるようになります。

目次
1. iPod Shuffle対応可能の音声形式とApple Musicの不対応
2. TuneKeep Apple Music変換ソフト - iPod ShuffleでもApple Musicの曲を再生可能にする
3. Apple Musicの曲をMP3/M4Aに変換してから、iPod Shuffleに入れて再生する方法

iPod Shuffle対応可能の音声形式とApple Musicの不対応

ジョギングしながら、音楽を聴くに、軽くて携帯しやすいiPod Shuffleはいい選択の一つです。各世代のiPod Shuffleの中で、最も重いのは第一世代の22gです。最新の第四世代は12.5gに過ぎません。また、サイズも29.2mm*31.6mm*8.7に過ぎなくて、全然ジョギングの邪魔になれません。スマホやタブレットを連れてジョギングするのは、到底想像できないことでしょう。

iPod Shuffleは転送された曲をシャッフルして聴くというコンセプトを前面に押し出していて、好きな曲をシャッフルで再生しますが、上部のボタンのスイッチで順番再生に切り替えることも可能です。世代によって、512MB、1GB、2GBと4GBの容量があります。ただし、最新の第四世代は全部2GBです。

iPod Shuffle第4世代

iPod Shuffle対応できる音楽フォーマットはAAC(8~320Kbps)、保護されたAAC(iTunes Storeから購入したコンテンツ)、MP3(8~320Kbps)、MP3 VBR、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)、Apple Lossless、AIFF、WAVなどです。周知のように、2015年6月30日から利用可能のApple Musicでダウンロードした曲も保護されたAACフォーマットです。もしかしてApple Musicの曲もiPod Shuffleで再生できますか。実は、Apple Musicのデビューの半月後の2015年7月16日に、アップル社はiPod ShuffleまたはiPod Nanoの販売停止を発表しました。また、iPod ShuffleとiPod NanoはApple Musicに対応できないことも明言しました。iPod ShuffleでもApple Musicの曲を再生したいiPod Shuffleのユーザーの期待を潰しました。

iPod Shuffle対応可能の保護されたAACはiTunes Storeから購入したコンテンツに限定されています。実は2009年3月の前に販売された曲を指して、購入したら自分のものになります。その後、アップルは保護なしのM4A形式の曲をiTunes Storeで販売し始めました。Apple Musicのような定額制のストリーミング音楽配信サービスのレンタル性質と全然違います。仮にiPod Shuffleをパソコンに接続して、iTunesを通じて、iTunesライブラリにダウンロードApple MusicをiPod Shuffleに同期しても、下記のスクリーンショットのように、「Apple Musicの曲をiPodにコピーできない」が表示されます。

Apple Musicの曲をiPodにコピーできない

どうすればApple Musicの曲をiPod Shuffleに入れて再生できますか。TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲をMP3、M4Aなどの音声形式にすれば、問題を簡単に解決できます。

TuneKeep Apple Music変換ソフト - iPod ShuffleでもApple Musicの曲を再生可能にする

TuneKeep Apple Music変換ソフトはiPod ShuffleでApple Musicの曲を入れれない問題のソフトソリューションであり、Apple Musicの曲をiPod Shuffleで対応可能のMP3、M4A、WAVなどに変換できます。その素晴らしい機能をご覧ください。

Apple Music変換ソフトの機能一覧

  • Apple Musicの曲をiPod Shuffleで再生可能のMP3、M4A、WAV、FLACなどに変換
  • WindowsとmacOS 10.12.6まで最大16倍速変換、macOS 10.13以降で原速
  • ロスレスで256kbpsのApple Musicを320kbps MP3或いは256kbps M4Aに変換
  • ライブラリに追加してダウンロードしなくても、Apple Musicを変換可能
  • 曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号とアートワークなどを丸ごと保持
  • ID3タグと特殊文字を使用して出力ファイルを一括で改名、フォルダに整理
  • Windows、macOS、iTunesとミュージックアプリの最新バージョンに対応

Apple Musicの曲をMP3/M4Aに変換してから、iPod Shuffleに入れて再生する方法

TuneKeep Apple Music変換ソフトは非常に使いやすいです。無料体験版は曲毎に3分まで変換できます。ソフトをダウンロードして、インストールした後、以下の手順を参考して、Apple Musicの曲を変換して、iPod Shuffleに入れてください。

ステップ1:TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動

TuneKeep Apple Music変換ソフトを起動すると、iTunes或いはミュージックアプリ(Mac 10.15 Catalina以降の場合)も自動的に起動されます。Apple Musicの曲の変換完了まで、iTunes或いはミュージックアプリを閉じないでください。

Apple Music変換ソフトを起動

ステップ2:Apple Musicの曲を選択

左パネルでプレイリストを選択して、iPod Shuffleに入れたい曲をチェックします。プレイリスト全体を変換したい場合、トップにあるチェックボックスを入れればいいです。また、内蔵の検索ボックスを利用して、ライブラリからすぐに曲、アーティストとアルバムを探し出せます。iTunes・ミュージックでプレイリストを作成して、先にiPod Shuffleに入れたい曲をプレイリストに追加してから、Apple Music変換ソフトでプレイリストを変換するのもいい方法です。

Apple Musicの曲を選択

ステップ3:出力形式を選択

上記の紹介によると、iPod ShuffleはMP3、M4A、WAV、AIFFなどに対応できます。Apple Music変換ソフトもMP3、M4A、WAV、AIFFなどの出力形式を用意しました。ここではMP3/M4Aをおすすめします。Apple Musicは256kbpsの保護されたAACファイルであり、320kbps MP3或いは256kbps M4Aに変換すれば、音質を保持できる上、ファイルサイズも抑えることができます。WAV、AIFFなら、ファイルサイズが大きいため、2GBのiPod Shuffleの容量をすぐに使い果たしてしまいます。

Apple Music変換の出力形式選択

必要の場合、オプションをクリックして、出力ファイルの改名・整理の方法、出力ファイルの音量、変換スピード(Windowsのみ)などを指定できます。

ステップ4:Apple Music変換を開始

準備ができたら、「変換」ボタンをクリックすると、Apple Musicの曲の変換が始まります。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Musicを変換中

ステップ5:出力ファイルをiPod Shuffleに転送

変換完了後、Apple Music変換ソフトまたはiTunes・ミュージックアプリを閉じてから、iTunes・ミュージックだけを再び開いて、出力先にあるMP3/M4Aをライブラリに追加します。iTunesの場合、メニューの「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」を通じて、出力ファイルを追加できます。ミュージックアプリの場合、「ファイル」>「読み込む」を通じて追加できます。

出力ファイルをライブラリに追加

その後、一つのプレイリストを作って、追加されたファイルをそのプレイリストに追加します。次は、iPod Shuffleの付属のUSBケーブルを使って、iPod ShuffleをパソコンのUSB端子に接続して、出力ファイルから構成したプレイリストをiPod Shuffleに同期します。これで、Apple Musicの曲はiPod Shuffleに転送できて、iPod Shuffleで楽しめます。

出力のMP3/M4Aファイルは全ての曲の情報を保持できますので、ライブラリに追加すると、元のApple Musicの見た目は同じように見えます。ですので、変換されたApple Musicの曲やプレイリストをライブラリから削除してから、出力ファイルを追加するのはおすすめします。削除しない場合、iPod Shuffleの同期用のプレイリストに追加した曲はMP3/M4A形式をご確認ください。同じ見た目の曲なら、右クリックして、「曲の情報」をクリックすれば、元のApple Musicかそれとも出力のMP3/M4Aか、判断できます。

iPod ShuffleはApple Musicに対応できないことは、アプルの角度から考えたら、利潤の追求、時代遅れの製品の廃棄、カスタマーサポートの減少、コピーライトの保護などの可能性があります。ただし、iPod Shuffleユーザーにとって、やはり不便で、解決策を探してはもちろんです。TuneKeep Apple Music変換ソフトはiPod ShuffleにApple Musicの曲を転送できない問題の最善の解決方法です。Apple MusicもiPod Shuffleを利用しているユーザーは、ぜひTuneKeep Apple Music変換ソフトをダウンロードして試してください。