Apple Music「項目は使用できません」の解決方法

グレーアウトしたApple Musicの曲は再生できません。再生しようとしても、「項目は使用できません、この項目は再生できません」と表示されます。この記事ではその問題の原因と解決策を紹介します。

分類:Apple Music変換ソフト 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年10月14日 丨 購入する

前にApple Musicのある曲を聴けるけど、突然その曲はグレーアウトして、「項目は使用できません、この項目は再生できません」という警告が表示され、再生出来なくなりました。どうしてこんな問題が発生するのでしょうか?どうしたらその曲を再生できるでしょうか?この記事では、この問題を起す原因と、一部の問題の解決策を紹介します。

目次
1. Apple Music「項目は使用できません」の原因と解決方法
2. TuneKeep Apple Music変換ソフト - Apple Music音楽をMP3などの形式に変換
3. Apple Musicの曲をMP3などの形式に変換する手順

Apple Music「項目は使用できません」の原因と解決方法

時にはApple Musicで音楽を探し出せても聴けない場合があります。その曲はグレーアウトして、再生できる他の曲と明らかに色が違います。タップしてみたら、「項目は使用できません、この項目は再生できません」というエラーメッセージが表示されます。

Apple Music「項目は使用できません」

この問題を起こす原因は、主に以下の三種類に分けます。

曲自体がApple Musicで配信されていません

曲は提供していません

著作権など色んな原因によって、曲は提供終了となる状況や、そもそも配信されていない場合は、当たり前ですが聴けませんね。一部のアルバム内では、一部の曲のみ聴けない場合もあります。

もう一つの可能性は曲を含めるアルバムはまだ未発売で、先行で追加しているだけです。この状態は、アルバムにある曲が全てグレーアウトしていて、アルバムの発売日も表示されます。アルバムを調べれば、簡単にこの状況を了解できます。

これらの原因は不可抗力なので、基本的にはその曲が配信されるまで待ちますか、他の音楽サービスに切り替えるしかできません。

曲のデータが欠損しています

iCloudやiTunesを経由して曲をダウンロード・同期する時、故障が発生する可能性があります。そうしたら、曲のデータが欠損して、再生できません。元の曲がある限り、グレーアウトした曲を一度ライブラリから削除して、再びダウンロード・同期して試してみましょう。

iTunesで曲を右クリックして、「iTunesライブラリから削除」をクリックして、「曲を削除」をクリックしたら、曲が削除されます。iTunesライブラリに曲を再び追加して、ダウンロードします。その後、iPhone/iPadに既存の曲を削除しないままで、曲をプレイリストに追加して、iTunesを経由して再度同期します。

曲の再生環境に合ってません

ネットワーク環境や、iCloudの設定、iTunesの状態、アカウントの認証、デバイスの状態、アップルのサーバーの状態など、色んな原因によって、曲を再生できない可能性があります。

ネットワーク環境:ネットワーク環境の悪さは、曲のデータが欠損する原因になるかもしれません。インターネットに接続していないなら、ストリーミングで曲を再生するのは不可能です。ですので、必要があれば、電波がいい無線LANかモバイル通信データを利用しましょう。

iCloudの設定:iCloudミュージックライブラリを無効していれば、iCloudから音楽をダウンロードできず、再生もできません。この場合はiCloudを有効にしたら、再生できるようになる可能性があります。

Apple Music「項目は使用できません」

iPhone/iPadから「設定」>「ミュージック」でiCloudミュージックライブラリをオンに設定します。Macではメニューから「iTunes」>「環境設定」の「一般」タブで、「iCloudミュージックライブラリ」のチェックに入れます。Windowsではメニューの「編集」>「環境設定」の「一般」タブで「iCloudミュージックライブラリ」のチェックに入れます。

iTunesの状態:iTunesの古いバージョンが問題を起こすかもしれません。自分のiTunesは最新版でなければ、アップデートした方がいいです。また、アカウントの認証はいつか自動的に解除した場合もあります。メニューで「アカウント」>「認証」>「このコンピューターの認証を解除」をクリックして、認証を解除します。そして、メニューで「アカウント」>「認証」>「このコンピューターを認証」をクリックして、Apple IDとパスワードを再び使用して認証します。

デバイスの状態:iPhone、iPadなどのデバイスも不具合があって、楽曲のデータに異常が生じるかもしれません。簡単にデバイスを再起動して試してみましょう。案外問題が簡単に解決かもしれませんね。

アップルのサーバーの状態:アップルのサーバーも万能ではありません。アップルのサーバー状態は公式サイトで確認できます。サーバーが悪いなら、こっちはどうにもなりませんね。

この中、一部の問題はローカルファイルには発生しません。元々提供していない音楽は無理ですが、既にダウンロードしたローカル音楽ファイルは、ネットワーク環境やサーバー状態などを気にせず、もしApple Musicの曲をMP3などに変換すれば、後退会しても、曲が提供終了しても心配いりません。どうすればApple Music音楽を変換できますか?TuneKeep Apple Music変換ソフトを利用すれば簡単です。

TuneKeep Apple Music変換ソフト - Apple Music音楽をMP3などの形式に変換

Apple Music変換ソフトを利用したら、簡単に音楽の情報をキープしたまま、ロスレスでMP3などのフォーマットに変換できます。音楽だけじゃなく、M4B/AA/AAXオーディオブックまたはiTunesに対応する他の音声ファイルも変換できます。Apple Musicを利用している方にオススメします。

Apple Musicの曲をMP3に変換 - Apple Music変換ソフト

  • 「項目は使用できません」問題を解決
  • 最大16倍速まで高速変換
  • 音声品質をロスレスで保持
  • タイトル、アーティスト、アルバムなどのID3タグを保持
  • ID3タグと特殊文字を使用して出力ファイルを改名・分類
  • Windows 10、macOSとiTunesの最新バージョンに対応

Apple Musicの曲をMP3などの形式に変換する手順

ここからはApple Music変換ソフトを利用して、Apple Musicの曲をMP3に変換する手順を紹介します。

ステップ1:Apple Music変換ソフトを起動

Apple Music変換ソフトをインストールして、起動したら、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も自動的に連動して起動されます。そして、iTunesにあるプレイリストも自動的に読み込まれて、左パネルでリストとして表示されます。このApple Music MP3変換ソフトが実行する期間中に、iTunesを操作しないで、閉じてないでください。

Apple Music変換ソフトとiTunesをそれぞれ最新版にアップデートするのはオススメです。

ステップ2:音楽ファイルを選択

表示されたプレイリストで変換したい音楽ファイルのチェックを入れて選択します。一度複数の音楽を選択できます。トップチェックボックスのチェックを入れたら、プレイリストにある音楽を全て選択します。

曲を選択

内蔵した検索ボックスを利用して、タイトル、アーティストなどのキーワードを入力すれば、簡単に音楽を探し出せます。

Apple Music変換ソフトは、iTunesライブラリにあるApple Musicの曲を、ダウンロードせずに変換できますが、ストリーミングする時に再生エラーなどの問題も起すかもしれないので、先に音楽をiTunesライブラリにダウンロードするのはオススメです。

ステップ3:出力形式を選択

出力形式リストからMP3、M4Aなどの形式を選択します。出力フォルダ、ビットレートなども設定できます。320kbps MP3や256kbps M4Aなどを選択したら、音楽をロスレスで変換します。また、「オプション」を開いたら、ボリュームや変換スピード、出力ファイル名などを設定できます。

出力形式をMP3に選択

ステップ4:変換を開始

「変換」ボタンをクリックすれば、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすると、出力先を開いて、出力のファイルを見つけ出します。

曲を変換中

これでApple Music音楽を選択した形式に変換完了しました。汎用な音声ファイルは様々なデバイスやソフトで利用でき、iTunesで同期したら「項目は使用できません」問題も一定範囲内解決できます。さらに、以降解約しても続けて聴けます。ぜひApple Music変換ソフトをダウンロードして試してください。