Apple Musicダウンロードできない問題の対策

通常、Apple Musicの曲をオフラインで聞きたい場合、Apple Musicの曲を先にダウンロードする必要があります。時には、ダウンロードできないこともあります。ここでは、Apple Musicの曲をダウンロードできない時の対策を紹介します。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年10月16日 丨 購入する

定額制の音楽配信サービス「Apple Music(アップルミュージック)」はリリースから凄まじい人気を収めました。今でも引き続き発展していくところです。入会後、Windows、Mac、iPhone、iPad、iPod TouchとAndroid携帯で聴き放題が可能です。オフライン再生には、前もってダウンロードする必要があります。しかし、様々な原因でApple Musicの曲がダウンロードできないこともあります。本文は、Apple Musicがダウンロードできない原因と対策を説明します。また、より快適にApple Musicを楽しむのに役立ソフト - Audio ConverterというApple Music変換ソフトも紹介します。

目次
1. Apple Musicの曲をダウンロードできない原因と対策
2. Apple MusicをMP3などに変換して、ダウンロードできない問題を徹底解決
3. Apple Musicの曲をMP3に変換する方法

Apple Musicの曲をダウンロードできない原因と対策

Apple Musicの曲をダウンロード

「ダウンロードできない」には、様々な原因があります。ここでは、問題ごとに解決策を説明します。

インタネット/モバイル通信の原因

一番見落としやすいところは、インターネット・モバイル通信です。皆さんも、こんな笑い話を聞いたことありますね。「パソコンが起動不能、一晩直した。結局、電源ケーブルが外れた」。日常生活もそうです。シンプル/たやすいほど、見落としやすいです。インターネットの接続が悪ければ、ダウンロードが正常に終わらないこともあります。

iPhone、iPad、iPod touch、Mac で Safari を開くか、Windows パソコンで Web ブラウザを開いて、適当なWebサイトにアクセスして、Wi-Fiなどが確実にインターネットに接続されているかを確認してください。

モバイルデータを利用して曲をダウンロードしたい場合なら、「設定」 > 「iTunes Store と App Store」の順にタップします。「モバイルデータ通信」をオンにします。

Apple Musicダウンロードできない対策:ネット接続

ご注意:モバイルデータ通信でダウンロードすると、通信料がかかります。

端末を再起動

Apple Musicダウンロードできない対策:再起動

ソフトウェアまたはシステムの動作で不要な情報のゴミが溜まって、余計な負担をかけます。その負担には、なにかエラーが生じる可能性があります。端末の再起動によって、これらのゴミが消えて、余計な負担もなくなりましたので、ダウンロードができるようになります。どうすればいいのかと考えたら、まず再起動してみてください。90%以上の原因不明のエラーが再起動で直せるという噂もあります。

Apple IDの再認証

Windows/Macで、iTunesはパソコンが既に認証されている状態の期限が切れることもあります。この状態では、ダウンロードできないです。ですから、再認証を行う必要があります。

メニューの「アカウント」 > 「認証」 > 「このコンピューターを認証」をクリックして、再度Apple IDとパスワードを入力して認証します。或は、「このコンピューターの認証を解除」をクリックして、認証を解除してから再度認証を行います。

Apple Musicダウンロードできない対策:再認証

デバイスの容量を解き放つ

アプリをダウンロードしたり、カメラで撮った写真や動画を保存したり、スマホが容量不足になってしまうと、道理でダウンロードできません。まずは空き領域をチェックしてみてください。使わないアプリ、ダウンロードキャッシュの整理などによって、容量を解放する必要があります。

Apple Musicダウンロードできない対策:容量解放

最新のiTunesにアップデート

時に古いバージョンのiTunesにバグがあるかもしれません。iTunesの最新版はAppleの公式サイトからダウンロードできます。一般的に言うと、最新版に以前のバグや問題を全部修正されました。

もう一度ダウンロード

ダウンロード途中にネットワークが不安定になると、途中までダウンロードできているけど、実は中身のデータが壊れて聞けないということもあります。また、多くのApple Musicを同時にダウンロードするとき、帯域幅を使い尽くす場合もあります。こういう場合なら、再度ダウンロードすれば解決できるはずです。

DNSサーバー変更

一般に、DNS サーバーのアドレスは自動的にインターネットサービスプロバイダから取得します。インターネットサービスプロバイダが提供した DNS サーバーはApple Music のサーバーに接続するときにエラーが発生する可能もあります。この場合、Google(8.8.8.8、8.8.4.4)、OpenDNS(208.67.222.123、208.67.220.123)、CloudFlare(1.1.1.1、1.0.0.1)など無料で安全なDNSサービスに変更して試してください。

ウィルスの脅威

Apple Musicダウンロードできない対策:ウイルス対策

Apple Musicのダウンロードは不正常だけではなく、他のプログラム・アプリも正しく動作できない場合、デバイスはウィルスに侵害された可能性があります。

Apple Musicのサーバー状態をチェック

確率は非常に低いですが、Apple Musicのサーバーがダウンする場合、どんな対策を用いても、Apple Musicの曲をダウンロードすることができません。Apple Musicサーバー問題の修正する前に待つしかありません。Apple Musicのサーバー状態をチェックすることも可能です。

Apple MusicをMP3などに変換して、ダウンロードできない問題を徹底解決

TuneKeep Audio Converterとは、iTunesライブラリにある保護付きのApple Musicの曲を汎用のMP3、M4A、AIFF、FLACなど八つの音声形式に変換できるApple Music変換ソフトです。たとえパソコンと携帯はインターネットに接続できなくても、出力のMP3とM4Aはパソコンと携帯で自由に再生できます。また、iPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンとMP3プレーヤーなど元々Apple Musicに対応できないデバイスでもApple Musicから変換したMP3とM4Aを再生できます。これでApple Musicをダウンロードできない問題は徹底的に解決されます。

Apple Musicの曲MP3に変換 - Audio Converter

  • Apple Musicの曲を汎用的なMP3、M4A、AIFFに変換
  • 256kbpsのApple Musicの曲をロスレスで、320kbps MP3或は256kbsp M4Aに変換
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • WindowsとMacでも曲をダウンロードしなくても変換可能
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をMP3に変換する方法

TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple Musicの曲は簡単にMP3などに変換できます。ここでは、Apple Musicの曲をMP3、M4A、FLACに変換する方法を説明させていただきます。

ステップ 1: TuneKeep Audio Converterを起動

Audio Converterを起動

TuneKeep Audio Converterを起動すると、iTunes(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)も連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Audio ConverterとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2: トラックを選択

プレイリストから、ダウンロードしたい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Audio Converterインタフェース

変換したいApple Musicの曲をパソコンにダウンロードしなくてもいいです。iTunesライブラリに追加されたら変換可能です。とても便利です。

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3: 音楽形式を選択/オプションをチェック

対応される音声形式はMP3、M4AとAIFFなどです。いずれかを選択しても再生できます。曲の音質は256kbpsから、320kbps MP3或は256kbps M4Aの出力形式が用意されましたので、音質損はなくて、ロスレスで変換が行えます。

さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

MP3、M4A、FLAC変換

注意:一般的に、16倍の変換スピードで適用することには問題がありません。ただし、インターネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを上げないのをお勧めします。

ステップ 4: 変換開始

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

Audio Converterは行う中に、曲のID3タグを丸ごとに保存することができますので、ライブラリに転送すると、同じファイルとして表示されます。こういう場合は、変換した曲を利用完了後、削除しても大丈夫です。これでApple Musicの曲をダウンロードできない問題を徹底的に解決できます。