Apple Musicの曲をWAVに変換する方法

本文は、Apple Musicというストリーミング音楽サービスの曲を、WAVに変換する方法を紹介します。
通常で変換できないApple Musicの曲も、TuneKeep Audio Converterで簡単に変換できます。

分類:Audio Converter 丨 投稿者:天野翔太 丨 投稿日時:2019年12月19日 丨 購入する

WAVは、非圧縮の音声フォーマットなので、非可逆圧縮のMP3や可逆圧縮のFLACより、そのファイルは大きくて、もちろん、非圧縮のため音質もMP3、FLACよりいいです。果たしてこの「WAV」はなんですか。Apple Musicの曲はどのようにWAVに変換しますか。本文は、WAVに関する知識と、Apple Musicの音楽をWAVに変換する方法を紹介します。

目次
1. WAVというファイルの特徴
2. Apple Musicの曲をWAVに変換:Audio Converter
3. Apple Musicの曲をWAVに変換する方法

WAVというファイルの特徴

WAV

WAVまたはWAVE(ウェーブ、ウェブ、ワブ)は、マイクロソフト・IBMが共同で提唱した「Resource Interchange File Format」に基づいて開発された音声フォーマットの一つです。WAVその最大の特徴は、非圧縮とのことです。皆さんの知っていた通りに、圧縮は常に音質の劣化や、音の周波数帯の一部がなくなると伴います。WAVなら、こられの問題をすべて回避できます。

しかしこの世には、完全無欠なものは、殆どありません。音質の上がりその意味は、ファイルのサイズも大きくなります。例えば、5分間の音楽、MP3なら10MBぐらいで、FLACなら30MBぐらいですが、WAVとして出力なら、50MBぐらい以上もおかしくないことです。

一定的な訓練を受けないと、音声にある些細な違いはそう簡単に耳で区別できません。MP3という圧縮音声フォーマットだけで、日常エンターテイメントでもう十分です。それでは、WAVを実際に運用できる場面はなんですか?

  • ビデオのBGMとして使う時、音楽の音質が高いほど人気を博せる
  • 音質にこだわりのある人
  • 高い音楽プレイヤー、イヤホン、スピーカーを持っている人
  • DVD/BDを作る時

Apple Music WAV変換

ところで、音質が高ければ高いほど、気持ちがよくなりますね。ローカル再生の時、もしスマホ、タブレット、ウォークマンのストレージ空間やパソコンのハードディスク空き領域が十分に空いていれば、WAVが最適です。残念ながら、Apple Musicからダウンロードした音楽は、全部暗号化されたM4Pという形式です。この形式は、普通の変換ソフトで変換できません。それに加えて、Apple IDがログインできないデバイス上の再生もできません。ですので、M4Pファイルはウォークマンに転送して再生するどころか、ビデオのBGMとして編集もできません。ここでは、Apple Musicの曲をWAVに変換する専門的なApple Music変換ソフトを紹介します。

Apple Musicの曲をWAVに変換:Audio Converter

TuneKeep Audio Converterとは、iTunesライブラリにある保護付きのApple Musicの曲を高音質のファイル形式 - WAVに変換できます。Apple Musicの音楽はWAVとしてローカルに保存できるようにします。変換したWAVファイルは、自由に利用できます。ウォークマン/USBに転送またはiMovieのようなビデオ編集ソフト内にBGMとして追加も全部可能です。

Apple Musicの曲をWAVに変換:Audio Converter

  • Apple Musicの曲をWAV、MP3、M4Aなどに変換
  • ハイフン、スラッシュ、スペースなどの文字で出力のMP3、M4Aを分類・改名
  • 最大16倍の高速でApple Musicの曲を一括変換
  • タイトル、アーティストなどのID3情報を出力に保持
  • WindowsとMacでも曲をダウンロードしなくても変換可能
  • 最新のWindows 10、macOSとiTunesバージョンに対応

Apple Musicの曲をWAVに変換する方法

TuneKeep Audio Converterを利用して、Apple Musicの曲は簡単にWAVに変換できます。ここでは、Audio ConverterでApple Musicの音楽をWAVにする方法を紹介します。

ステップ 1: TuneKeep Audio Converterを起動

Audio Converterを起動

TuneKeep Audio Converterを起動すると、iTunesも(Mac 10.15 Catalinaの場合はMusicというアプリケーション)連動して起動されます。iTunesの音楽ライブラリも自動的に読み込まれます。Apple Musicの曲、Apple Musicプレイリストなどは左のパネルで表示されます。ライブラリに曲がたくさん追加された場合、少々ロード時間がかかりますのでしばらくお待ちください。

注意:最新バージョンのTuneKeep Audio ConverterとiTunesをおすすめします。古いバージョンの場合なら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。

ステップ 2: トラックを選択

プレイリストから、WAVに変換したい曲をチェックしてください。トップのチェックボックスを選択したら、プレイリストにある全ての曲は選択されます。サーチボックスを活用したら、すぐに曲を探し出せます。キーワード(曲名、アーティスト、アルバムなど)を入力したら、検索したい内容がすぐ表示されます。

Apple Music変換-Audio Converterインタフェース

注意:ダウンロードしなくても変換が行えますが、いざという場合、不具合があるなら、前もって曲をダウンロードすることがおすすめします。

ステップ 3: 音楽形式を選択/オプションをチェック

WAV、MP3、M4AとAIFFなどの出力形式はすでに用意されましたので、いずれかを選択してもオッケーです。ここでは、WAVを選択します。モニター/スクリーンの解像度によって、「WAV」はパネルのもっと下の位置にある可能性があります。

さらに、オプションには出力フォルダを指定できるし、「オプション」で変換スピードの調整、またはID3タグと文字でファイル名及びフォルダをカスタムすることもできます。

Apple Music WAV変換

注意:一般的に、16倍の変換スピード(Windows)で適用すれば問題ありません。ただし、ネット接続が不安定或は速度が出ない場合で、ダウンロードされていないApple Musicトラックの変換スピードを上げないようにしてください。

ステップ 4: 変換開始

「変換」ボタンをクリックしたら、選択した形式への変換が開始されます。変換完了後、「出力ファイルを開く」ボタンをクリックすれば、出力先を開いて、出力の音楽ファイルを見つけます。

Apple Music変換-変換実行

Audio Converterは行う中に、曲のID3タグを丸ごとに保存することができますので、ライブラリに転送すると、同じファイルとして表示されます。こういう場合は、変換した曲を利用完了後、削除しても大丈夫です。出力のWAVは、今自由に利用できるようにしました。Apple Musicの曲をWAVに変換したい方は、ぜひTuneKeep Audio Converterをお試しください。