Spotify ストリーミング音楽サービス
無料(Free)/有料(Premium)プランの違い

本文は、Spotify無料(Free)/有料(Premium)プランの違いをまとめて説明します。また、Spotify音楽変換ソフトというSpotify Music変換ソフトを利用して、自由にSpotifyの曲が楽しめる方法も紹介します。

分類:Spotify音楽変換ソフト 丨 投稿者:岡崎速雄 丨 投稿日時:2019年9月3日 丨 購入する

世界最大のストリーミング音楽サービスと言われるSpotifyは、無料(Free)/有料(Premium)プランが提供されています。月額を払わなくても音楽が聴けます。しかし、フリープランは全ての曲が聞けるわけではなく、いろいろな制限もあります。果たしてどんな制限がありますか、または両プランの違いは?本文はまとめて説明します。なお、TuneKeep Spotify音楽変換ソフトというソフトを利用して、フリープランでも自由にSpotifyの音楽が楽しめる方法も紹介します。

Free VS Premium

目次
1. Spotify無料(Free)/有料(Premium)プランの違い
2. どんなプランでも自由にーSpotify音楽変換ソフト
3. Spotifyの曲をMP3に変換する方法

Spotify無料(Free)/有料(Premium)プランの違い

まずは、公式サイトにも記された情報を見てください。

Spotify両プランの違い

各点について説明します。

月額:無料/980円

Spotify無料(Free)プランは料金を支払わなくてもそのまま利用できます。Spotify有料(Premium)の料金は月額980円で、年間プランも提供されて、9800円(十ヶ月の料金)を払うと一年間で利用できます。よくSpotifyを利用している方なら、年間プランのほうがお得です。


広告:あり/なし

ビデオサイトにムービーを鑑賞する時、透かしあるいは広告イラスト、再生途中に広告ビデオが再生されるということが多いです。Spotifyというストリーミング音楽サービスの方なら、ラジオ広告と同じ形式に放送されます。無料プランでも数千万の曲が再生できるというところから見れば、広告付きも納得できます。15秒ぐらいの短い広告なので、あまり気にする必要がありません。


プレイモード:シャッフル再生/自由のままに

無料(Free)プランでは、シャッフル再生しか利用できません。しかも強制的に、変更する術もありません。例えプレイリストを作成しても、曲の再生順番を好きなように調整することができません。
有料(Premium)プランなら、シャッフル再生/順番再生という二つの再生モードがどちらも利用できます。プレイリストを作成して、好きなまま順番を変えて再生できます。


オフライン再生機能:なし/制限あり

オフライン再生機能は、有料(Premium)のみ利用できます。無料(Free)プランなら、オンライン再生しかできません。また、有料プランはWIFIを接続して曲をダウンロードしても、ダウンロードした曲を維持するには、少なくとも30日に一度はインターネットに接続しなければなりません。また、オフライン再生機能は最大5つの端末しか利用できせん。


スキップ:一時間最大6回/無制限

気に入らない曲が再生されていることがあると思います。こういう場合なら、「スキップ」のは極めて普通の操作なのに、Spotify無料(Free)には、一時間最大6回しかスキップ行えません。6回を全部スキップして、また気に入らいない曲が偶然に入られてとしたら、再度スキップすることができません。有料(Premium)を利用している方させ、無制限でスキップできます。


音質:低音質/高音質

Spotify利用可能な音質は96kbps~320kbpsとなっています。具体的な違いは下記通りに書いてあります。

  • 無料(Free)プラン:デスクトップおよびWebプレイヤーでは96kbpsで、スマホなら160kbps
  • 有料(Premium):デスクトップおよびWebプレイヤーでは256kbpsで、スマホなら320kbps

  • どんなプランでも自由にーSpotify音楽変換ソフト

    Spotify音楽変換ソフトはSpotifyから曲、プレイリストとアルバムをダウンロードして、汎用のMP3、M4A、WAVとFLACのファイルで保存することができます。変換した曲は無制限でオフライン状態で再生したり、ウォークマンまたはほかのデバイスに転送することもできます。デバイス数の制限、ダウンロード制限をすべて突破可能です。

    どのプランを利用しても自由に聞ける - Spotify音楽変換ソフト

    • Spotify無料版と有料版のいずれを使ってもダウンロード可能
    • 100%オーディオ品質を保持したまま変換
    • 出力したファイルにはタイトル、アーティスト、ジャンルなどのID3タグを保持
    • Spotify音楽を5倍スピードで変換可能
    • 出力をアーティスト、アルバムのフォルダに整理
    • 常に最新バージョンのSpotify/Windows/Mac対応

    Spotifyの曲をMP3に変換する方法

    TuneKeep Spotify音楽変換ソフトをわずかなクリックで利用して、Spotify Free或はSpotify Premiumから音楽を保存する手順は以下です。

    ステップ 1:TuneKeep Spotify音楽変換ソフトを起動

    Spotify音楽変換ソフトを起動すると、Spotifyも自動的に起動されます。Spotify音楽のダウンロードと変換に実行しているなら、Spotifyを閉じないでください。

    Spotify Music変換-インタフェース

    注意: Spotifyの曲をダウンロード/変換を行う際に、Spotifyを閉じるなら、想定以外のエラーが生じる可能性があります。また、Spotifyがなければ変換できませんので、前もってパソコンにSpotifyアプリケーションをインストールしましたかのをご確認ください。

    ステップ 2:Spotifyから音楽を追加

    TuneKeep Spotify音楽変換ソフトは、すでに二つの追加方式が用意されました。

    一つはドラッグ&ドロップです。Spotifyを手前に表示して、Spotifyからお気に入りの曲、プレイリストとアルバムをSpotify音楽変換ソフトにドラッグ&ドロップして追加することができます。

    Spotify Music変換-ドラッグで曲を追加

    もう一つは、Spotifyを手前にして、Spotifyの曲、プレイリストあるいはアルバムを右クリックして、表示されたメニューにシェアへ移動して、「曲のリンクをコピー」、「プレイリストリンクをコピー」、「アルバムリンクをコピー」などをクリックして、リンクを取得できます。Spotify音楽変換ソフトのインターフェースで「追加」をクリックして、表示された画面の左下でSpotifyの曲、プレイリストとアルバムのリンクを貼り付いたら追加完了となります。

    Spotify Music変換-リンクで曲を追加

    上記通りに、二つの方式は好きなほうが使えばいいです。どんな方式でも、Spotify音楽変換ソフトはすぐにSpotifyプレイリストとアルバムにある全部の曲を検出することができます。デフォルト設定なら全部チェック状態ですが、チェックを外して、残りの曲のみを追加することができます。

    ステップ 3:好きな形式を選択

    Spotify音楽変換ソフトが用意された出力形式はMP3、M4A、WAVとFLACなので、いずれも対応可能の音声形式です。必要の場合、ニーズに合って出力形式、ビットレート、サンプルレートを変更することができます。オプションなどを確認次第、「変換」ボタンを押せば変換を開始となります。

    Spotify Music変換-出力形式選択

    注意: オプションには、音量調整もできます。出力ファイルの音量が足りない場合なら音量を変更するのをお勧めします。

    ステップ 4:変換開始

    全てのオプションをチェックした後、「変換」を押すと、自動的に変換を開始します。変換完了後「履歴」にフォルダアイコンをクリックすれば、出力先を開いて、出力のファイルを見つけます。

    Spotify音楽変換中

    ステップ 5:変換したSpotify音楽は自由に利用可能

    保存した音声ファイルは元の音質と同じです。ですから、Spotify音楽変換ソフトを利用しても、Spotify(無料)/有料(Premium)の音質の違いが消せません。無料版で聞けない曲もダウンロードすることができません。この二つの違い以外、ほかの違いはありません。変換した曲は、30日間という期限が過ぎてもインターネットに接続する必要がないので、ご安心ください。