Spotifyの曲を車で再生する方法

「音楽あっての運転」とも言えます。長い運転に、音楽がなければ、「車」という器の内部になにか足りない感じがします。Spotifyストリーミング音楽サービスは、5000以上の曲を提供しています。こんなたくさんの音楽があれば、どこへ行っても退屈だとは言えません。本文は、Spotifyを車で再生する方法を説明します。

分類:Spotify音楽変換ソフト 丨 投稿者:岡崎速雄 丨 投稿日時:2019年12月30日 丨 購入する

山、砂浜、海、田舎、森...休みの日、自分で運転して、友人・家族・愛する人と小旅行へ行くのがいい過ごし方ではないでしょうか。一時間といい、二時間といい、旅の途中で、音楽を流させないと、いい雰囲気が作り出せません。5000以上の曲が再生可能なSpotifyは、きっとあなたの旅をより彩らせます。本文は、Spotifyを車で再生する方法を説明します。また、TuneKeep Spotify音楽変換ソフトを利用して、田舎のような圏外でも、車でSpotifyの曲を再生できるようにします。

目次
1. カーステレオでSpotifyを再生する方法のまとめ
2. 圏外でもSpotifyの曲を車で再生 - TuneKeep Spotify音楽変換ソフト
3. Spotify音楽をカーステレオに入れる方法

カーステレオでSpotifyを再生する方法のまとめ

昔のカーステレオは、ラジオ番組/CDしか聞けませんが、科学の進歩と共に、今のカーステレオも、ネットやスマホと接続して、音楽をストリーミング再生することも可能です。スマホで「Spotify」アプリを利用して音楽を楽しむ人が多いですが、車でSpotify再生と聞かれたら、驚くことに、知らない人のほうが多いです。ここでは、車でSpotifyを再生するいくつかの方法を説明します。

注意:安全運転のために、あらかじめ設定したほうがいいと思います。運転中、できるだけ運転そのものに集中して、カーオーディオの設定をお控えめにしてください。

Spotify 車で再生

一部の車種は直接にSpotify再生可能

ほとんどの車搭載メディアシステムで直接にSpotifyを再生できます。Spotify公式サイトに記されている情報から、BWM(ビーエムダブリュー)、Buick(ビュイック)、Cadillac(キャデラック)、Chevrolet(シボレー)、GMC(ゼネラルモーターズ)、MINI(ミニ)、Tesla(テスラ)とVolvo(ボルボ・カーズ)のカーステレオに、Spotifyがすでに内蔵されました。

注意:Spotifyプレミアムプランへの登録が必要

Spotify 車で再生 車リスト

もし自分の車が上記のメーカーによって作られたものではない場合は、ご心配なく、下記にまだいくつかの方法があります。

Android Auto/Apple CarPlay

自分の車は、Android Auto/Apple CarPlay対応車でしたら、AndroidデバイスでAndroid Auto、iPhoneでApple CarPlayを利用して、Spotifyの曲を車で再生させます。(画像はApple CarPlay)

Spotify 車で再生 Apple Carplay

豆知識:Android Auto/Apple CarPlayは、簡単なタッチ/音声コントロールで、目的地の設置、電話をかけ、音楽の切り替え...運転中、余計な操作をできるだけ下げるために開発されてカーナビゲーション用のオペレーティングシステムです。

自分の車は、Android Auto/Apple CarPlayの対応車ではありません?そうでしたら、車のBluetooth機能をいかしましょう

Bluetooth(ブルートゥース)

もし自分のカーステレオに、ブルートゥース機能があれば、スマホ・タブレット側からの操作で、Spotify音楽の出力先はカーステレオに変更させます。

  • ステップ1:スマホ/タブレットで、「Spotify」をインストールします。
  • ステップ2:カーステレオとスマホ/タブレットの設置から、「ブルートゥース」機能を「オン」にして、お互いに接続します。
  • ステップ3:スマホ/タブレットから曲を再生します。

Spotify 車で再生 ブルートゥース

ブルートゥース機能さえ搭載されません?焦らず、まだ方法があります。

ケーブルでSpotifyを車で再生

AUXやUSBケーブルを使って、スマホやタブレットをカーステレオと接続できます。(自分の車に対応するケーブルは、使用説明書にご参照、または車メーカーへお問い合わせ)

Spotify 車で再生 AUXケーブル

Spotifyの曲をダウンロードしてカーステレオに入れる

Spotifyの曲を、CD、SDメモリーカード、USBフラッシュドライブなどに保存して、直接にカーステレオに入れて再生できたら、オフライン状態でも曲を聞けます。しかし、たとえSpotifyプレミアムプランでも、ダウンロードした曲は全部保護付きのOggファイルのため、ダウンロードしても再生できません。ここでは、TuneKeep Spotify音楽変換ソフトを紹介します。Spotify音楽変換ソフトを利用すれば、Spotifyの音楽をMP3、M4A、WAVなど汎用の音声フォーマットに変換して、簡単にカーステレオで再生します。

圏外でもSpotifyの曲を車で再生 - TuneKeep Spotify音楽変換ソフト

Spotify音楽変換ソフトを利用したら、例えSpotify Free(無料プラン)でも、曲を広告なしローカルに保存できます。保存したSpotifyの曲は、CDに書き込み、SDカード/USBに保存してカーステレオに入れることも楽々。スマホ/タブレット/カーステレオのストレージ空間も使用せず、さらに大事なファイルをもっと保存して、圏外でも曲を再生します。

Spotify 車で再生 - Spotify音楽変換ソフト

  • Spotifyフリーとプレミアム両方も曲を保存
  • 最大5倍速で高速変換
  • 音声品質をロスレスで保持
  • タイトル、アーティスト、アルバムなどのID3タグを保持
  • 変換履歴をチェック・整理・削除
  • Windows 10、macOSとSpotifyの最新バージョンに対応
  • Spotifyの曲をMP3、M4A、WAVなどに変換

Spotify音楽をカーステレオに入れる方法

ここではこのSpotify音楽変換ソフトというSpotify変換ソフトを利用して、Spotify音楽をカーステレオに入れる方法を説明します。

ステップ1:Spotify音楽変換ソフトを起動

Spotify音楽変換ソフトをインストールして、起動すれば、Spotifyも自動的に連動して起動されます。Spotify音楽変換ソフトを実行する期間、Spotifyを閉じないでください。

Spotify Music変換-インタフェース

Spotify音楽変換ソフトとSpotifyをそれぞれ最新版にアップデートするのはオススメです。

ステップ2:Spotifyから車で再生したい音楽を追加

Spotify音楽変換ソフトに音楽を追加するには、二つの方法があります。

その一つはドラッグ&ドロップです。Spotifyを手前に表示して、お気に入りの音楽、プレイリストまたはアルバムをSpotify音楽変換ソフトのインターフェースにドラッグ&ドロップして追加します。

曲をドラッグアンドドロップ

もう一つはリンクを取得してコピペします。「シェア」>「曲のリンクをコピー」・「プレイリストリンクをコピー」・「アルバムリンクをコピー」・「アーティストリンクをコピー」をクリックして、リンクを取得します。Spotify音楽変換ソフトのインターフェースで「追加」ボタンをクリックして、表示された画面の左下にある入力ボックスにリンクを貼り付きます。

どの方法で音楽を追加してもいいが、100曲以上を含むプレイリストにある全ての曲を追加しよう場合、Spotifyでプレイリストの詳しい情報ページで全ての曲を選択して、Spotify音楽変換ソフトにドラッグ&ドロップのはオススメです。

追加した後、Spotify音楽変換ソフトはすぐにプレイリストまたはアルバムにある全ての曲を検出して、インターフェースにリストで表示されます。デフォルトは音楽を全部チェックされているが、車で再生したくないSpotify音楽のチェックを外してもいいです。

ステップ3:出力形式選択

Spotify音楽変換ソフトが用意された出力形式はMP3、M4A、WAVとFLACです。デフォルト設定は320kbps MP3とされますが、必要なら変更します。通常、MP3という形式が汎用性高いです。ですから、ここはMP3を例にします。

Spotify Music変換-出力形式選択

ステップ4:変換を開始

「変換」ボタンをクリックしたら、Spotify音楽をMP3として出力します。変換完了後履歴ボタンをクリックしてから、フォルダアイコンをクリックすれば、出力先を開いて、出力のファイルを見つけます。

曲を変換中

ステップ5:変換したSpotify曲をカーステレオに入れる

出力先にあるMP3、M4A、WAVなどの音楽ファイルは、CD、SDメモリーカード、USBフラッシュドライブなどに転送して、カーステレオに入れて再生します。以下の記事ご参考になれば幸いです。

よければ、TuneKeep Spotify音楽変換ソフトをダウンロードしてお試しください。ほかのSpotify活用情報は、まだたくさんあります。