Mac Spotify音楽変換ソフトの使い方

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトを使って、MacでSpotifyの曲をMP3、M4Aに変換する方法をご覧ください。注意事項と設定項目も説明します。

Mac Spotify音楽変換ソフト:機能一覧 丨 操作ガイド 丨 動作環境レビュー購入するWindows版製品へ

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフト(Mac)の無料試用版では、曲ごとに3分しか変換できません。永久ライセンスキーを購入したら、機能制限のない製品版に登録することができます。さらに、生涯無料アップデートも可能です。 本ページでは、製品版に登録する方法と、MacでSpotify音楽変換ソフトを使用する方法を紹介します。

目次
1. TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトの完全版に登録する手順
2. TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトの操作ガイド

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトの完全版に登録する手順

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトを起動すると、TuneKeep Spotify Music Converter体験版のダイアログが表示されます。無料で体験したい方は、ここで「続く」ボタンをクリックすればいいです。「購入する」ボタンをクリックして、永久ライセンスキーの購入ページに飛びます。

未登録アラート

購入後、ライセンスキーは自動的にメールアドレスに送信されます。体験版のダイアログで「キーを入力」ボタンをクリックしてライセンスキーの入力画面が表示されます。メールからライセンスキーをコピーして空欄にペーストして、「登録する」ボタンをクリックします。しばらくの間、インターネットを通じて、ライセンスキーを確認次第、「ライセンス認証に成功しました」というメッセージが表示されます。これで完全版(製品版)に登録できます。

認証

注意:オンラインでTuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトへの登録や認証が失敗した場合、support@tunekeep.jp にお問い合わせください。インターネットに接続できない場合、オフライン登録の方法もあります。

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトの操作ガイド

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトの使い方は非常にやさしいですので、このガイドの指示に従うだけ、お気に入りのSpotifyの曲をMP3、M4Aなどに変換できます。これで、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、iPod Nano/Shuffle、ウォークマン、MP3プレーヤーに入れて楽しめます。また、ビデオ編集ソフト・アプリとDVD・Blu-rayオーサリングのバックグラウンドミュージックとして使用できます。もちろん、オーディオCDへの書き込み、SDカードおよびUSBフラッシュドライブへのコピーもできます。Mac Spotify音楽変換ソフトを利用すれば、Spotify無料版の広告をスキップできて、Spotify有料版のOggファイルの制限を回避できます。


ご注意:macOS 10.15 Catalina以降のOSで、初めてSpotify音楽変換ソフトを起動する時、マイクロフォン、Spotifyのドキュメントとデータ、Macのドキュメントフォルダなどのアクセスの曲を求めるダイアログが表示されます。全部OKをクリックして、許可する必要があります。これはそれぞれSpotify音楽の再生時の録音、Spotifyとの連動やライブラリの読み込みと出力ファイルの保存のためです。許可しないと、問題が出てしまいます。

ステップ 1:TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトを起動

TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトを起動すると、Spotifyも自動的に起動されます。つまり、TuneKeep Mac Spotify音楽変換ソフトを利用するに、先にMacにSpotifyをインストールする必要があります。

メインインタフェース

注意:Spotifyから音楽をMP3、M4Aなどに変換する際、Spotifyを閉じないでください。Spotifyを閉じるなら、必ずエラーメッセージが出て変換失敗となります。

ステップ 2:Spotifyから音楽を追加

SpotifyからSpotify音楽変換ソフトに音楽を追加するに、ドラッグ&ドロップとリンクのコピペーの二つの追加方法があります。

一つの方法はドラッグ&ドロップです。Spotify音楽変換ソフトとSpotifyを同時にスクリーンで表示させて、Spotifyでの曲、アルバム、プレイリスト、アーティスト或いはポッドキャストをドロップして、Spotify音楽変換ソフトにドロップすれば、Spotify音楽を追加できます。

曲を追加

もう一つの方法はリンクのコピペーです。インタフェースの左上側にある「追加」をクリックして、Spotify音楽変換ソフトは追加待ち画面に入ります。画面の左下でリンクのコピー先の空欄が表示されます。

お気に入りの曲、プレイリスト、アルバム、アーティスト或いはポッドキャストを右クリックして、「シェア」に移動して、「曲のリンクをコピー」、「プレイリストリンクを全部コピー」、「アルバムリンクをコピー」或は「アーティストリンクをコピー」をクリックして、リンクをコピーします。ポッドキャストのプレイリストまたは一つのポッドキャストの場合、それぞれは「番組のリンクをコピー」と「リンクをコピー」となります。下記の例は「プレイリストリンクを全部コピー」です。後はSpotify音楽変換ソフトの追加待ち画面の空欄にペーストして、「追加」ボタンをクリックすれば、追加完了となります。

曲を追加

注意:プレイリストにある曲数は99を超えたら、リンクのコピペーまたはドラッグ&ドロップは99曲しかSpotify音楽変換ソフトに追加できません。全ての曲を追加するに、Spotifyでプレイリストの詳しい情報の画面で、ある曲を選択して、「Command + A」のショートカットで全ての曲を選択して、Spotify音楽変換ソフトにドラッグ&ドロップをする必要があります。

ステップ 3:曲を選択

二つの方法を通じてから曲の選択画面に移ります。デフォルトでは全ての曲はチェックされます。ダウンロードしたくない曲があれば、そのチェックボックスを外せばいいです。。選択完了後、「追加」ボタンをクリックして、曲を変換リストに追加します。

曲を選択

ステップ 4:オプションの設定項目

変換を開始する前に、「オプション」をクリックすると、「一般」と「上級」など二つのタブが表示されます。

一般タブで、出力先を開くこと、出力先の変更、プレイリストのダウンロードに関するオプション、出力ファイルをフォルダに整理する方法、既存の音楽を再変換する時の処理方法、アルバムアートワーク画質の選択または出力ファイルの改名などの機能を用意しています。出力ファイルをフォルダに整理する時、アーティスト、アルバムとアーティスト/アルバムの方法を利用できます。既存の音楽を再変換する時の処理方法は上書き、スキップと両者の保持などです。出力ファイルの改名なら、曲名、アルバム、アーティスト、トラック番号、ハイフン(スペースなし、前後にスペースあり)などを利用できます。

出力先選択とファイル整理

「上級」タブでは出力形式の選択とパラメータの設定、出力ファイルの音量の設定などがあります。デフォルト出力形式は44100HZ、320kbpsのMP3です。自分のニーズに応じて、「上級」タブにサンプルレート、ビットレート、出力形式を変更できます。利用可能の出力形式はMP3、M4A、WAV、FLAC、OGGとAIFFです。出力音量も調整できます。

出力形式選択

ステップ 5:Spotify音楽の変換を開始

変換ボタンをクリックして、変換リストに追加されたSpotify音楽の変換が始まります。出力のファイルは曲名、アルバム、アーティスト、ジャンル、年、ジャンル、アートワークなどの曲のID3タグを丸ごと保持できます。

変換開始

変換完了後、「履歴」ボタンをクリックして、出力先が確認できます。「フォルダ」アイコンには出力先が開けます。「削除」ボタンは出力ファイルの記録の削除と曲の自体の削除ができます。

変換履歴

これで、Spotifyの曲はMP3または指定の形式としてオフラインでMac OSに保存できました。その後、iPod Nano、iPod Shuffle、PSP、ウォークマンと様々なMP3プレーヤーで制限なく楽しめます。

警告:多くの曲の変換を行う際に、スリープなどの設定をオフにし、変換を始めるのがおすすめします。スリープをオンにするなら、自動的にインターネットとの接続を切る可能性がありますので、変換がいつか停止してしまいます。


SSLで保護された取引

生涯無料アップデート

24*7時間メール返信

30日間返金保証